東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第213号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2007/12/03(第213号)「公私混同の弊害」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007/12/03(第213号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。
 
 金融一体課税の概要が見えてきましたね。
 といっても、いろいろな思惑がからんで、また複雑化しそうです...

 2009年から、株式譲渡益と配当の損益通算をしようというのが、
 まず第1段階です。
 その後、2010年以降に利子もその通算の対象に含めていこう、
 ということですね。

 ここまではいいのですが、問題は税率です。

 現在、上場株の譲渡益や配当は、本則の20%が10%に軽減され
 ています。(上場株以外は、20%です!)

 本来であれば、税率は本則の20%に戻した上で、一体課税をすべき
 なのですが、これに政治的思惑がからんできます。
 (例によって選挙をにらんだ、自民党の人気取り・・・?)

 すなわち、譲渡益であれば、2008年末に持っている上場株については
 税率は10%のままでいいですよ、とか、

 配当については、一定額以下は10%のままでいいですよ、

 ということに、しようとしています。
 さらに、10%を使ったものについては、損益通算の対象にしない、
 などの措置も入ります。

 これに上場株以外の配当や譲渡益がからんできます。

 これでまた、税額の計算は相当複雑になりますね...
 
 税理士にとってはいい?(仕事が増えて?)のかも知れませんが、
 一番大変なのは、証券会社でしょうね?

 当社にも証券会社の顧問先があるのですが、特定口座などまたまた
 大変な投資になってしまうかも知れません...

 できるだけシンプルな税制を望みたいものです。
 
  
 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  公私混同の弊害
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●『会計理念経営』10カ条の続きです。


 第4条 経営者の公私混同は、やってはならない
    ・・・公私混同があると、経営者に迫力がなくなる
    ・・・公私混同の基準を厳しくすることが大事である

 
 中小企業、特にオーナー系の企業では、公私混同が多いですね。
 長年、税理士をやっていての実感です。

 ただ、ひと口に公私混同と言っても、どこまでが公私混同なのか、
 非常に難しいところです。

 たとえば、飲食代にしても、どこまでが仕事の付き合いなのか、
 どこからが個人の遊びなのか、友達付き合いなのか、趣味なのか...
 正直、わかりません。

 友達付き合いだとしても、そこから仕事になることも多いもの
 です。
 (実際、私もそんなことは、してきましたが...)


●この判断基準は、経営者自身の「心」としか言いようがないですね。

 経営者や経費を使う人の、気持ちにかかってきます。
 経費だと思えば経費だし、ちょっと公私混同かなと思うと、
 公私混同です。

 これは、自分ではわかっていると思います。

 どこまでを公私混同と思うかは、人それぞれですし、経営者のレベル
 によるでしょう。
 
 ただし、このレベルは同一人でも、経営者の成長度合いによって
 変わってきます。経営者として成長すればするほど、公私混同の
 基準は厳しくなってきますね。

 経営者の方は、是非、自分の基準を厳しく持って、判断していた
 だければと思います。

 この判断を正常にできるようでないと、M前次官みたいになって
 しまいますよ...


●公私混同があると、どうしても経営に迫力がなくなってきますね。
 公私混同は自分の心の問題ですから、心に負い目があれば、社員や
 取引先に対しても、自信を持った態度で臨めなくなってしまいます。


 一番怖いのは、経営者が公私混同をしているのに、それを 
 そうは思っていない、当たり前だと思っている状態です。

 社員から見れば、明らかに公私混同なのに、経営者はそうは
 思っていない、という状況です。

 こうなると、社員は長続きしませんよね。
 途中で馬鹿らしくなってしまうでしょう。


●公私混同は、単に倫理上、会計理念上の問題だけではありません。

 会社の成長、事業の成否が、かかっているのです。

 経営者が公私混同をしている会社は、明らかに成長していないし、
 いつまで経っても小さい会社(組織になれない会社)です。
 
 反面、経営者が公私混同せず、公明正大にやっている会社は、
 やはり伸びています。
 10年単位で見れば、確実にそうですね。
 

 小欲で、せこい経営をしていくのか、
 大欲で、大義を持った経営をしていくのか、

 是非、自分の心を判断基準にして、経営をしていって欲しいですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 実は、このメルマガが配信されている頃は、タイに行っています。
 めずらしく予約配信しましたが、月曜日7:00配信されているで
 しょうか?
 また、帰ってきましたらタイの様子でも報告します。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です