東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第200号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2007/09/03(第200号)「将来発生する負債も載せる」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007/09/03(第200号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.html  購読者数 5,521名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。
 
 本日でちょうど200号になりました!
 毎週1回ですから200週、4年弱ということですね。

 我ながら1回も休まずよく続けていると思います。
 ただ、毎日書いている方などもいますから、毎週ですから大したこと
 はないのですが...

 過去の内容などを見ると、ずい分変わってきた、という感じもします。
 (バックナンバーは、全部まぐまぐサイトにありますので、よろしけれ
  ば見てください⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html )
 
 よく読んでみると、同じことを何回も言っているかも知れません。
 会計の基本や、私の考えていることは変わらないので、ついダブって
 しまっているかも知れませんね。
 
 ただ、途中から読み始める方もいるので、何回か同じことを違う表現
 で書いてもいいかと思いますが。

 読者数は、ここ1年位はほとんど変わらないのでは?
 以前は、読者数が増えればいいなと思い、まぐまぐさんに取り上げて
 もらったり、いろいろやりましたが、最近は、正直読者数にはあまり
 こだわっていません。

 共感してくれる方が、長く読んでくれるのが嬉しいと思います。
 それでもし良ければ、友人や会社の方に紹介してくれれば、いいなと
 そんな程度に思っています。
 
 これからも、財務や経営者の考え方などについて、思ったことを
 そのまま書いていこうと思っています。
 時には脱線していることもあると思いますが(そんな時は読者数が
 減るので、わかります)、それも自分であるので、しょうがないと
 思います。

 是非、今後とも末永くおつきあいいただければ、ありがたいですね。
 恐らく意地でも続けていくと思いますので。

  
 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  将来発生する負債も載せる
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●先週は、負債をすべて載せるということを書きましたが、今あるもの
 だけでなく、将来に発生する負債も載せていく必要があります。

 いわゆる引当金というものですね。

 ただ、将来発生する負債をすべて載せることはできないですから、
 その内、当期にすでにその原因が発生しているもの、を載せます。


●たとえば、賞与引当金がそうですね。

 賞与は、通常7月、12月などに払われますが、それはどちらかと
 いうと、労働の後払い的な性格があります。

 ある期間の労働や実績に対して、賞与は支払います。
 たとえば、12月の賞与は、6月~11月の実績に基づいて支払う
 などです。

 そこで、8月決算の会社であれば、12月に支払う賞与のうち、
 6月~8月までは、既に賞与の支払い原因が発生しているわけです
 から、
 その3か月分、すなわち12月賞与の半分の金額を見込んで
 賞与引当金として負債を計上するのですね。

 もちろん、賞与引当金の繰り入れとして、損益計算書にも反映され
 ます。当期の費用になるということです。


●近年の税法改正において、これらの各種引当金については、その費用
 計上が、損金として認められなくなってしまいました。

 認められるのは、貸倒引当金、返品調整引当金くらいのものです。
 上記の賞与引当金や退職給与引当金などは、損金算入が認められなく
 なってしまいました。

 税法で経費にならないなら、わざわざ経費にすることないや、
 利益が減ってしまうし...

 なんてことで、小規模企業ではこれらの引当金を積まない会社が
 多くなってしまいました。


●税金の上では確かにそうですが、「会計を経営に活かす」という
 意味では、これではいけませんね。

 先週も話したように、負債はすべて計上し、会社の純資産は厳しく
 見ておく。本当に儲かる会社、強い会社、伸びる会社を作って
 いくには、こういうことを厳しくやっておく必要があります。

 実態を直視する、ということです。

 そのためにも、是非、引当金は計上して欲しいと思います。

 賞与引当金は、期間按分すれば大体読めると思いますし、
 退職給付引当金も、退職金規定があれば、簡単に計算することが
 できます。

 これらを見て、本当に会社の財務は健全なのか、判断する必要が
 あります。
 将来の負債を計上しないで安心していてはいけません。


●そして、中小企業にとって一番忘れやすいのは、役員退職慰労引当金
 です。すなわち、社長の自分の退職金ですね。

 これを計上しているところはなかなかありません。

 まずは、規定がないということ(作ればいいのですが)、
 まともにやれば金額が多額になること、
 あまり、他人に見せたくないこと、
 自分が辞めたときは、会社がなくなるだろうと思っていること
 など、いろいろ理由があるかと思います。

 でも、将来もずっと続けていく会社であれば、是非、これも計上して
 欲しいと思います。
 生命保険などで手当てする場合は、その保険料が引当金見合いになる
 こともあるかと思います。

 いずれにしても、ある時期まできたら是非検討して欲しいことですね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
  いよいよ子供たちも今日から新学期。
  当社も9月から新年度ということで、心機一転また頑張っていき
  ます!

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です