東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第196号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2007/08/06(第196号)「資産にのせない...」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007/08/06(第196号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,552名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。
 
 秋に近づき少しずつ税法改正の話題も出るようになってきました。
 消費税増税は、既定路線かと思っていましたが、参院選自民党の大敗で
 どうなるか、わからなくなってきたところもありますね。

 これからの議論を注目したいと思います。
 
  
 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  資産にのせない...
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●試算表を良くしていく、すなわち会社の財務内容を良くしていくには、
 まずは、「資産にのせない」ことを心がけるべきです。

 もちろん、あるのに隠せ、ということではありません。

 預金や在庫、貸付金など、実際にあるものは、のせなければ不正な
 会計処理になってしまいます。
 これらは当然、のせていくことになります。


●ここでいう「資産にのせない」とは、会計処理のやり方次第では、
 資産にのせなくていい場合は、できる限りのせない方法を採ろう、

 あるいは、のせるべきでないものは、税法の規定にかかわらず、
 のせないようにしよう、ということです。

 たとえば、

 ・固定資産は、税法基準の少額減価償却資産や一括償却資産を使って、
  できるだけ経費として処理する。(10万円、20万円、30万円基準)

 ・上記にあたり、固定資産はできるだけ細かい明細を取り、上記基準
  が適用できるように細分化する。

 ・固定資産の耐用年数は、できるだけ短いものを取れるように工夫
  する。

 ・特別償却(または税額控除)が、できないかを検討する。

 ・その資産が使われなくなった場合など、除却をきちんと行なう。

 ・その資産について、修繕や改良をした支出は、税法基準などを
  照らし合わせ、できるだけ経費として落とすようにする。

 ・商品などの棚卸資産は、在庫を計上するが、不良品や陳腐化した
  ものなどは、基準を作ってできるだけ早く落とすようにする。

 ・有価証券は、時価等を常にチェックし、一定の基準(社内基準)
  を下回ったら評価減をする。

 ・売掛金については、こまめに回収のチェックをし、滞留をさせな
  いように督促などをしていく。

 ・売掛金の滞留などが長くなってしまった場合は、貸倒引当金を
  積んだり、場合によっては貸倒損失とする。

 ・常に不要な資産はないか、減らせる資産はないかをチェックし、
  不要な資産は売却して現金化するか、売却不能であれば、損失
  で落とすことを検討する。

 などなどです。


●上記は固定資産が中心にはなりましたが、常に月次において資産を
 見て、その資産性について、検討しておくことを心がけて欲しいと
 思います。

 なお、上記は税法で損金になるかどうかは、また別の問題です。
 税法でも落とせれば一番いいのですが、場合によっては税法上は
 無理なこともあります。

 ただ、その場合でも、「これは資産性がないので落とした方がいい」
 というのであれば、是非、貸借対照表から落としてください。

 貸借対照表は、税法のために作るものではないからです。

 貸借対照表は、会社の真の財政状態を見るものです。
 税法のしばりで、資産性がないものを資産にのせておくというのは、
 経営を見誤ってしまう恐れがあります。

 是非、実態を見て欲しいと思いますね。
 税法上は、申告書で申告調整(損益計算書の利益に加算したり、減算
 したりすること)を行ないますので、問題はありません。


●なぜ、ここまで資産を厳しく見ていくのか。
 それは、強い会社・儲かる会社にするためです。

 現状を正しく認識すること、厳しく見ることが、経営の改善につなが
 り、ひいては会社を良くしていきます。

 経営者は、貸借対照表や損益計算書を見て、若干資産性に欠けるもの
 が載っていることをわかっていつつも、やはりこれらの書類の数値が
 頭に残ってしまうものです。

 水増しされた数値が、自社の現状の数値だと頭にインプットされて
 いってしまいます。それで、甘さが出てきてしまうんですね。

 実態以上に粉飾された状態が自社の現状であると思い、余裕のある
 経営になってしまったりします。
 本当の姿はもっと厳しい状態であるのに...

 これは本当に怖いことです。経営のトップが自らの資料にだまされて
 しまうのですから...
 だからこそ、貸借対照表は特に厳しく作って、見ておいた方がいいと
 思うのです。

 ということで、是非「できるだけ資産にのせない」ような会計処理を
 していってください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■償却奉行その他奉行シリーズなら、クイック経理!!
  ★保守だけでも、承っています!(代表/税理士 北岡修一)
──────────────────────────────────

 本日も資産を厳しく見ようという話をしました。月次においては特に
 減価償却などは、月割りで計上して欲しいと思います。そうでないと
 決算時に一気に損失が発生します。

 この月次の償却計算なども減価償却ソフトで行なってくれます。
 またまた宣伝にはなってしまいますが、今年の税法改正、減価償却の
 改正も含め、これからは「減価償却ソフト」は欠かせないのではと
 思っています。

 よろしかったら株式会社クイック経理で、これらソフトの購入、導入
 のサポートをしています。
 保守なども当社経由でやれば、特典を用意しています。

 勘定奉行・給与奉行など、他の奉行シリーズの保守なども特別価格で
 承っておりますので、是非、下記サイトをご参照ください。

 ●株式会社クイック経理 → http://www.quick-a.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
  今週は、7~9日フルではないのですが、夏休みを取ろうと
  思っています。本当はじっくりと長期バカンスでもしたいのですが、
  私と家族の日程をすり合わせていくと...こんなところで落ち着
  いてしまいました。
  これではやはり近場くらいしかいけないですね。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です