東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第195号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2007/07/30(第195号)「まずは、余分な科目をなくすこと」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007/07/30(第195号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,548名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。
 
 今年の税制改正の目玉である「減価償却」関連の通達が7月6日に
 国税庁から公表されています。

 資本的支出の取り扱いなどが、やっかいですが、企業で固定資産管理
 などをされている方は、是非ご確認いただくと良いと思います。

 それにしても、減価償却計算は複雑になってきましたから、とても
 手書きでの管理やExcelでの管理では難しくなってきたと思い
 ます。

 資産がそれ程多い会社でなくても、やはり固定資産管理や減価償却計算
 の専用ソフトを導入した方がいいと思いますね。

 当社の関連会社などでもご紹介していますので、参考にしてみて
 ください。
  → http://www.quick-a.co.jp/
 
  
 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  まずは、余分な科目をなくすこと
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●試算表を良くしていくには、貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)
 両方からのアプローチがあると思います。

 短期的にはP/Lを良くしていく、長期的にはB/Sを良くしていく、
 ことになります。

 ただ、P/Lでの改善の結果は、必ずB/Sに反映してきますから、
 最終的にはB/Sを良くしていく、ことに注力していくことが重要
 です。


●いろいろな会社のB/Sを見ていて思うことは、「余分な科目が多い!」
 ということですね。

 そう言うと、会計処理上、必要だから使っているのであって、決して
 余分な科目ではないと、言われるかも知れません。

 たとえば仮払金や立替金、貸付金や未収入金など、会計処理上、使わ
 なくてはいけないので、しょうがないでしょう、という話です。

 確かにそれはそうですね。

 ただ余分な科目をなくす、というのは会計処理上の話ではなく、
 その原因となる行為自体をなくす、あるいは一時的に発生しても
 すぐに解消する、そういうことをやって欲しい、ということなの
 です。


●B/Sの本来の科目というのは、非常に少ないものです。

 現金預金、売掛金、(あれば受取手形)、棚卸資産、
 固定資産 

 資産で言えば、上記のような科目が本業での本来の科目です。
 それ以外は、言ってみれば余分な活動により発生してきている
 科目ではないでしょうか?

 まずは、余分な行為をなくし、本来の科目に近づけていく、
 これをやろうと、決めることが試算表を良くしていくスタートだと
 思います。

 仮払金は、なるべく出さない、出しても期日まで、できれば月末
 までには消す。立替金は基本的にはしない、した場合にはすぐに
 精算してもらう、特に月末には残さない。

 貸付金は、金融業や福利厚生用でなければ基本的にはしない。
 当然、保証など目に見えない債務などもしないことです。
 こういうことを原則で決めておけば、取引先からの申込みに安易に
 貸してしまうこともなくなるでしょう。

 貸付金がなくなれば、当然未収利息や、貸倒引当金などもなくなって
 きます。


●各社いろいろな要因があると思いますが、まずは「余分な科目は
 なくす」という方針を立て、その上でどのようにそれが実現できる
 のかを考えていって欲しいですね。

 余分な科目のないシンプルなB/Sは、本当に美しいですよ。
 そうしようという意識が会社の無駄を省いていきます。
 同時にそうすることにより、資金繰りも良くなってきます。

 余分な科目の金額が、現金預金に流れ込んでくるわけですから。
 だからこそ、これがまず、試算表を良くする第1歩の施策である
 わけです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■書籍『セカンドライフの儲け方』CD-ROM付き の紹介
──────────────────────────────────
 私の友人の田渕裕哉氏が、このたび2冊目の本を出版します。
 今、話題の「セカンドライフ」ビジネスの仕組みとアイデアを公開
 している非常に内容のある素晴らしい本です。

 このメルマガを読んでいる皆様に購入していただいた場合は、
 プレゼントを用意してくれているそうです。

 「セカンドライフ」・・・皆さんは知っていますか?
 私はこの本を読むまで知らなかったのですが、こんな世界もあるので
 すね。ビックリしました。知らないところで第2の世界ができている
 なんて...知らないというのは恐ろしいことですね。

 ということで、よろしかったら覗いてみてください。
 

 ●『セカンドライフの儲け方』CD-ROM付き
    永島蓮汰郎・田渕裕哉 著
    あさ出版 1,600円 + 税

 ★詳細はコチラ ⇒ http://www.siawaseowner.com/slamazonkyanpen/

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
  参院選、自民党の歴史的惨敗でしたね。
  社会保険の問題もそうですが、事務所経費の架空計上などお金の
  問題をクリアにしない体質は、本当に許せるものではないですね。
  このメルマガ読んで欲しいくらいです。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です