東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第193号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2007/07/16(第193号)「試算表をどのような姿にしたいか?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007/07/16(第193号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,549名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。
 
 今日はとてもいい天気ですね。台風一過、梅雨のジメジメした気候を
 吹き飛ばし、一気に夏が来たような感じです。

 休みの日、家にいるのがもったいない気がしますね。
 午後から、どっか出かけようかな...
 
  
 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  試算表をどのような姿にしたいか?
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●前回は、「試算表をよく見る。」ということを話しました。

 では、よく見たら次はどうするのか?
 見るだけで終わらせる、ということはないと思います。
 それでは、何のために見たのかわかりません。


 もちろん、次は「どのような姿にしたいのか?」を考えることです。

 想像することです。



●難しいことはわからなくていいと思います。

 まずは、問題と思う部分を改善しようと思うことです。
 
 ・売掛金が、売上の2ヶ月分もあるので、せめて1ヶ月分以内に
  減らしたい。
 ・受取手形を、○年後には半分、△年後にはゼロにしたい。
 ・短期貸付金は、基本的にはなくしたい。
 ・固定資産が多いが、これらはできるだけ早く費用化したい。
  固定資産をなるべく計上しないようにできないだろうか?

 ・支払手形も時間をかけてやめていこう。そう言えば「裾切り法」
  というのがあると、「実践!社長の財務」に書いてあったな。
 ・賞与引当金を積んでいるけれど、これで足りるだろうか?
 ・無借金にするには、どうしたらいいだろうか?やはり売掛の
  回収と貸付の回収だな...

 ・粗利率が低い。本当に正しいのか? ○○%は取らないといけ
  ない。そうするためにはどうしたらいいか。
 ・固定費は月○○○万円か...それをまかなうためには、やはり
  月○○○○万円の売上が、コンスタントに必要だな。
 ・経費削減できるものはないか? ○○費の□□はなくてもいいの
  ではないか。固定費は月額xxx万円に抑えたい。

 などなど、B/S、P/Lをどのようにしていきたいのか、
 これをいろいろ考えることです。



●できるだけシンプルに、スリムに、そして筋肉質の試算表にしていく
 ことです。
 
 すなわち、無駄なものを削ぎ落としていく、軽い体質にして、
 利益が出やすい体制、お金が回りやすい体制にしていくことです。

 そういう試算表にするには、どこをどう直していったらいいのか、
 いろいろ考えてみることですね。


●B/Sの科目は、シンプルにできるだけ少なくしてください。

 仮払金や立替金、前渡金、貸付金、未収入金など、仮勘定はできるだけ
 なくすようにしてください。

 これらは管理の怠慢か、社長のルーズさによって発生してきていることが
 多いのです。


●P/Lの科目は、内容がわかる程度に科目を細分化してもいいと
 思います。
 これは、P/Lを見て判断する、次の行動に結びつけるために、ある程度
 内容がわかる程度に細かくないと、実効性がないからです。

 

●そして、B/S、P/Lの行き着くところは、B/Sの純資産です。

 B/Sの資産と負債の差、いわゆるネットの資産が「純資産」に残り、

 P/Lの利益の蓄積が、剰余金として「純資産」に貯まっていきます。

 したがって、試算表を良くしていく最終ターゲットは、この「純資産」
 を増やすことなのです。


 この純資産は、自己資本とも呼ばれ、したがって、自己資本の額を多くし、

 自己資本比率を高めていくことが、試算表の見直しの目標となるのです。



●こういうことを毎月やっていくと、本当に試算表は良くなっていきます。
 
 よく見て、考えて、そして次は行動ですね。


 来週はこの行動について、考えてみたいと思います。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
  今日は連休で、朝からゆっくりしてしまいました。
  (といっても起きる時間は、いつもと同じなのですが)

  何だかんだ新聞を読んだり、本を読んだりしているうちに、こんな
  時間になってしまいました。
  メルマガがあるのはわかっているのですが、時間があるとついつい
  後回しになってしまいますね。

  常にギリギリという感じです。
  でも、これは決していい姿ではないと思います。
  ギリギリになれば確かに思った以上の力が出る。火事場の馬鹿力で
  すね。
  でもこれを余裕のある内から、追い込まれた位の気持ちでやる、
  これができれば、さらにすばらしいのだと思います。

  これは、京セラ創業者稲盛和夫氏が言う「土俵の真ん中で相撲を取る。」
  という言葉から教わったことです。
  是非、そのようにしていきたいと思ってはいるのですが。
  (まだまだ、言葉だけが先行です....反省)

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です