東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第187号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2007/06/04(第187号)「250%定率法とは?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007/06/04(第187号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,603名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。
 
 今日は時間がないので、前置きはなし、ということで始めます。

 
 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  250%定率法とは?
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●平成19年度の減価償却制度改正の中では、250%定率法の実務が
 大きなポイントになってきますね。

 250%定率法は、定額法の償却率の250%が、定率法の償却率に
 なるということです。

 耐用年数10年であれば、定額法は、1/10 すなわち、0.100です。
 定率法の償却率は、 0.100×250% =0.250 ということになります。


 ちなみに、耐用年数2年は、どうなるかというと、
 定額法 2年 0.500  定率法 0.500×250% =1.250 ? には、
 さすがにならないです。

 償却率が、1を超えることはないので、この場合は、1.000 ということ
 になります。
 すなわち、期首月に買えば、1年で償却できてしまう、ということ 
 ですね。(1年目の途中で買えば、月割り)


●ところで、これだけであれば、250%定率法は簡単なのですが、
 そうは、簡単ではありません。

 途中から定額法に切り替わってしまうのです。

 なぜかと言えば、今回の税制改正では、耐用年数経過時に100%
 償却できるようにする、というのが趣旨だからです。

 定率法というのは、毎期 未償却残高に一定率を掛けていきますから、
 毎年毎年、償却費が減っていく(逓減する)のです。

 したがって、このままでは、決して簿価がゼロにはなりません。
 いくらか残ってしまいます。

 そこで、途中から定額法に切り替えて、耐用年数経過時には100%償却
 をしよう、ということなのです。


●では、どこで切り替えるのか?
 政令で簡易の計算式が出ましたが、それをやる前に、切り替えの時期の
 意味をわかっておく必要があると思います。

 すなわち、定率法から定額法に切り替えるのは、

  A:定率法による償却費が、

  B:未償却残高を、残年数で割った額を

  下回った時です。 A<B の時ですね。


 簡単な例、(単なる数字だけで整合性はないので、あしからず)

  A:定率法の償却費が、50,000円

  B:未償却残高 240,000円 耐用年数の残年数 4年
    240,000円÷4年 = 60,000円

   A50,000円 < B60,000円 ですから、
  
   この時から、定額法60,000円 に切り替えるのですね。


●これを、実際の実務では、次のようにやることになりました。

 <定額法への切り替えの時点>
 
  A 通常の償却費 = 未償却残高 × 新償却率  が、
 
  B 償却保証額  = 取得価額  × 保証率   を下回った場合、

  その下回った事業年度から、次の計算式による定額法に切り替えること
  になります。

  ※上記の保証率というのが、新たに耐用年数ごとに決められました。


 <切り替え後の償却計算>

  ◆ 改定償却額  = 改定取得価額 × 改定償却率
              

  ※改定取得価額とは、切り替え年度の未償却残高です。

  ※改定償却率というのが、新たに耐用年数ごとに決められました。


●ちょっと面倒ですが、計算自体はそれ程難しいものではないですね。

 ただ、これを各資産ごとにやるわけですから、やはり煩雑には
 なりますね。

 また、上記の計算は、平成19年4月1日以降に取得した資産です。

 それ以前に取得した資産は、今までどおりやって、95%まで償却
 したあと、また、償却方法が変わります。

 これについては、来週お話します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 減価償却計算は、専用ソフトでやるべし!
  【償却奉行】のお奨め  株式会社クイック経理
──────────────────────────────────
 
 本文にも書きましたように、これからの減価償却計算は、ちょっと複雑に
 なります。

 定率法が、途中で定額法に切り替わったり、税制改正後に購入した資産
 と、改正前に購入した資産では、償却の計算方法が違ったり、
 備忘価額5%を償却する方法もまた違う...

 今までExcelなどで、独自に減価償却を計算していた会社も、
 これからは、専用ソフトを使った方がいいのではないかと、思っていま
 す。
 個々の資産ごとに償却方法を判断しないといけませんので、とても
 Excelでは難しいのではないかと思います。

 そこで、私どもでも使っているOBCの「償却奉行」をお奨めします。
 「償却奉行」は、いち早く、既に5月9日には新・償却方法に対応して
 います。今の時点で対応しているのは、「償却奉行」くらいでは?
 と思います。

 ということで、償却奉行をご検討の方は、当社、クイック経理まで、
 お問い合わせください。
 当社でご購入いただいた場合は、保守なども特典つけていますよ!!

 ★詳しくは、HPで! → http://www.quick-a.co.jp/

 株式会社クイック経理 代表取締役 北岡 修一
  TEL:03-3345-8994  担当:秋山 問い合わせ quick@tmcg.co.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 6月になりました。また、今年もクールビズの時期ですね。
 うちも6月~9月は、ノーネクタイOKということにしています。
 でも、ネクタイしなくてもいいYシャツじゃないと、ちょっと
 みっともなくなりますから、却って気を使いますね。
 ネクタイしている方が、楽かもしれません...

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です