東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第186号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2007/05/28(第186号)「減価償却制度の見直し」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007/05/28(第186号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,637名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。
 
 先週は、会計をベースにした「高収益企業化」セミナーをやりました。
 本メルマガから来てくれた方も、何人かいらっしゃいました。
 本当に、ありがとうございます。

 このメルマガのテーマでもありますが、会計を良くすることが、
 会社そのものを良くすることにつながっていきます。

 会計を決して後処理と考えず、現状を正しく知り、これからの方向を 
 指し示してくれる羅針盤であると考え、是非ともこれを経営に活かして
 欲しいと思っています。

 セミナーにご参加いただければ、メルマガではなかなかお伝えし切れ
 ないところまで、お話できるので、今後もまた機会がありましたら
 やりますので、今回来れなかった方、是非、またいらしてください。

 ご希望などあれば、是非、お寄せいただければと思います。
 → kitaoka@tmcg.co.jp

 
 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  減価償却制度の見直し
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●平成19年度の改正の目玉は、法人税では何といっても、減価償却制度
 の改正ですね。

 そもそも、日本の減価償却制度は、諸外国に比べると、ずい分不利な
 制度になっていました。


 どういうところが、と言えば、


◎まずは、耐用年数経過時に、100%償却できないこと。
 その時点では、90%までしか償却できないことになっていました。

 これを、残存価額といいます。10%残すことを前提に償却計算して
 いるのですね...

 アメリカやドイツなどでは、100%償却できます。
 お隣の韓国でも、95%、そして翌年には100%償却できるという
 ことになっています。


◎さらに日本の税制では、耐用年数経過後に95%まで償却できるので
 すが、そこでストップ! です。

 これを償却可能限度額といいます。5%残さないといけないのは、
 これを備忘価額といい、資産が存在するという証として、5%の
 帳簿価格を残しておくのです。先進諸国では、こんなやり方はあまり
 ないようです。


◎また、日本の定率法の償却率などは、償却のスピードがあまり早く
 ありません。韓国などの方が、早い時期にたくさん償却できるように
 なっています。

 
◎そしてさらにもう1つ、日本の制度が不利なのは、耐用年数が得てして
 長い、ということです。
 政府の調べによると、製造設備のおよそ80%の耐用年数が、主要国中、
 日本が最も長い、という結果が発表されています。



●以上のような減価償却制度の不利が、経営に与える影響は、結構大きい
 のです。

 減価償却費が諸外国に比べて少ないということは、それだけ経費化する
 のが遅く、その分の税負担が増えます。

 税負担が増えれば、資金を圧迫しますので、設備への再投資なども遅れ
 る、それだけ企業の競争力が弱まる、ということにつながっていきます。


 特に、最先端の設備投資などをするにあたっては、償却のスピードが
 企業の競争力を決める、といっても過言ではないくらいです。


●このような背景から、今回の税制改正において、減価償却制度に手を
 入れることになりました。

 具体的には、

 1.残存価額の廃止 

 2.償却可能限度額の廃止

 これにより、耐用年数経過時に、ほぼ100%償却することができる
 ようになりました。

 さらに「250%定率法」の導入があり、これにより償却のスピード
 アップが図られています。


 3.法定耐用年数の見直し

   技術進歩が著しい3設備のみですが、耐用年数が短縮されました。
  その他の資産については、今年1年かけて実態等を調査し、来年度の
  税制改正によって見直されるものと思われます。



●今回、特に複雑なのは、上にあげた「250%定率法」の実務ですね。
 
 これについては、次回、じっくりお話したいと思います。
  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 減価償却計算は、専用ソフトでやるべし!
  【償却奉行】のお奨め  株式会社クイック経理
──────────────────────────────────
 減価償却の話が出たので、併せてご推奨します。

 詳しくは来週書きますが、これからの減価償却計算は、ちょっと複雑に
 なります。

 定率法が、途中で定額法に切り替わったり、税制改正後に購入した資産
 と、改正前に購入した資産では、償却の計算方法が違ったり、
 備忘価額5%を償却する方法もまた違う...

 今までExcelなどで、独自に減価償却を計算していた会社も、
 これからは、専用ソフトを使った方がいいのではないかと、思っていま
 す。
 個々の資産ごとに償却方法を判断しないといけませんので、とても
 Excelでは難しいのではないかと思います。

 そこで、私どもでも使っているOBCの「償却奉行」をお奨めします。
 「償却奉行」は、いち早く、既に5月9日には新・償却方法に対応して
 います。今の時点で対応しているのは、「償却奉行」くらいでは?
 と思います。

 ということで、償却奉行をご検討の方は、当社、クイック経理まで、
 お問い合わせください。
 当社でご購入いただいた場合は、保守なども特典つけていますよ!!

 ★詳しくは、HPで! → http://www.quick-a.co.jp/

 株式会社クイック経理 代表取締役 北岡 修一
  TEL:03-3345-8994  担当:秋山 問い合わせ quick@tmcg.co.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 週末は、京都に行ってきました。
 新緑がきれいで、すごく良かったです。京都は行ったことはあっても、
 お寺などじっくり見たことがなかったので、この歳で初めて本当の京都
 を見た、という感じです。
 タクシーで、いろいろなところを案内してもらったので、2日間で
 ずい分密度の濃い、お寺・神社回りとなりました。
 でもまだまだ見ていないところもたくさん...京都というのは本当に
 奥が深いですね...

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です