東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第185号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2007/05/21(第185号)「間違った自己資本を見ていないか?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007/05/21(第185号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,638名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。
 
 今日は、所沢の方で、減価償却セミナーをやります。
 それにしても、減価償却は新旧の制度が入り乱れ、ずい分複雑に
 なってきました。これも過渡期だからしょうがないのでしょうが。

 来週、再来週くらいで、減価償却の話もしていきたいと思います。


 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  間違った自己資本を見ていないか?
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ここ数回、自己資本の話をしていますが、内部留保を貯め、自己資本を
 増やしていくかが、いかに重要かはわかっていただけたかと思います。

 ところで、自己資本を見る際に、正しくない自己資本を見ていることが、
 実は、多いのではないかと思います。

 特に中小企業などの場合は...


●自己資本=純資産は、<資産-負債>の金額として、バランスシートに
 計上されます。
 いわゆるネットの資産です。

 自己資本が正しくなるためには、上記算式どおり、資産と負債が正しく
 なくてはいけません。

 資産、負債の金額が正しくなければ、当然、その差額としての自己資本
 も正しくなくなります。
 当たり前の話ですが...


●資産については、価値がないものは、載せない、早期に落とす、など
 ある意味で当たり前ですので、これはこれでいいと思います。

 問題は、負債がきちんと計上されているか、ということですね。


 当然、借入金や買掛金、支払手形などは、主要なものですから
 もれなく計上されていることでしょう。

 未払金、未払費用などは、概ね計上されているのでしょうが、
 ひょっとしたら若干の計上漏れがあるかも知れません。
 でも、うっかり計上していないものの類ですから、そう漏れは
 多くないと思います。


●問題は、それ以外の負債、そう「引当金」ですね。

 これが結構、計上もれになっていることが多いのです。

 賞与引当金であったり、貸倒引当金、退職給付引当金です。
 場合によっては、返品調整引当金や製品保証引当金などを計上する
 必要がある会社もあります。

 将来発生する費用または損失で、当期にその原因が既に発生している
 ものについては、引当金を計上するのが、会計の原則です。

 中小企業がこれらを計上しないのは、税法で、ほとんどが損金に
 認められなくなってきていることが大きな原因です。


●ただし、経営のために「会計」を活用しようとするのであれば、
 これらの引当金は、計上しておかなければなりません。

 なぜならば、経営者が間違った「自己資本」の額を見て、勘違い
 してしまうからです。

 「これだけ自己資本ができた。」「自己資本比率がこんなに高く
 なった。」と、喜んでいても、実際には引当金を考えれば、それ程
 高くないことが多いのです。

 それによって、経営に対する考え、認識もずい分変わってくるの
 ではないかと思います。


●中小企業の場合、引当金の中で最も漏れているのは、
 「役員退職慰労引当金」です。

 そうです。自分に対する引当金ですね。自分が退職する時にとる
 退職金がほとんどの会社では、計上されていません。

 「そんなもの、いくら取るかはわからないよ。」という声が
 聞こえてきそうですが、これは立派な会社を作っていくためには
 計上しなければいけないことだと思います。

 未来永劫継続していく会社を目指し、後継者にいずれはバトンタッチ
 していくのであれば、自らの退職金を計上していかないといけないと
 思うのです。

 これを、計上してもなお、自己資本比率が高い会社を目指していけば
 すばらしい会社になっていくはずです。

 是非、皆様の会社でも、「役員退職慰労引当金」をどうするのか、
 考えてみてください。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━<セミナー案内-今週です!!>━
■会計をベースにした、
  「高収益企業化」セミナーのご案内
  
   講師:実践!社長の財務 発行人/税理士 北岡 修一
──────────────────────────────────

 いよいよ今週木曜日、下記セミナーをやります。
 土日はその準備に追われていました。どのように皆様に伝えようかと。

 実際の数字を元にした、B/S・P/Lを見てもらって、皆様に
 それを読んでもらおう、B/Sに現れる経営者の考えを、推測して
 もらおう、とかいろいろ考えています。

 ただし、2時間ですのであまり演習もやっていられません。
 中小企業の経営の現場で使える「会計」の考え方、見方を、いかに
 短時間でお伝えするか、試行錯誤しながら土日テキストを作りました。

 普段、メルマガではなかなか書けないようなことを、お話していきたい
 と思います。是非、ご期待ください。

 参加人数は、まだ余裕がありますので、今からでもお申し込みください。
 では、皆様のお越しをお待ちしております。

                記

 ●日時:平成19年 5月24日(木)13:30受付開始 14:00~16:00
 ●会場:「スターホテル東京」コスモスホール 新宿駅西口徒歩5分
     ⇒ http://www.starhotel.co.jp/city/tokyo/access/access.html
 ●講師:税理士 北岡 修一
 ●参加費:5,000円(税込み)
 ※30名限定!
 ※お申し込みは、今すぐ!こちらから⇒ http://www.tm-tax.com/
 
 主催:ティーエム・コンサルティング(株)担当:秋山
    問い合わせ: info@tmcg.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 そんなことで、土日はセミナーの準備で丸つぶれ...
 せっかくのいい天気だったのに、ちょっともったいない気もしますが、
 納得のテキストができたので、充実の2日間でした。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です