東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第179号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2007/04/09(第179号)「引当金を厳しく見る」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007/04/09(第179号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,670名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます、ではなく、今晩は!
  税理士の北岡修一です。
 
 土日月で、旅行へ行っていたため、こんなに遅くなってしまいました。
 でも、せっかく続けているので、何としてでも月曜日に出したいと思い、
 先ほど帰ってきて、今書いている次第です。
 (予約配信もできたのですが、忘れてしまいました...)

 ということで、今日は前置きなしで、「実践!社長の財務」いってみま
 しょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  引当金を厳しく見る
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●先週は、減価償却の話をしました。
 それと連動して、減価償却のセミナーのご案内もしましたが、
 あっという間にいっぱいになってしまい、とりあえずセミナー打ち止め
 とさせていただきました。

 お申し込みいただいた方、ありがとうございます。
 是非、皆様の役に立つセミナーをやりたいと思いますので、
 楽しみにしてください。


●ところで、先週は減価償却費は、特殊な経費と書きましたが、もう1つ
 似たようなもので特殊な経費があります。

 それは、引当金(繰入)です。
 何が似ているかと言えば、当期に資金の支出がない経費、であると
 いうことです。

 ただし、資金の支出がないことは同じでも、既に支払ってしまったのが
 「減価償却費」であるのに対し、「引当金」はこれから支払うもので
 あるという点が、違うところです。


 代表的なものには、賞与引当金や退職給付引当金などがありますね。
 
 引当金は、確定した債務ではないけれども、将来発生する費用で、
 すでにその支払いの原因が当期に発生しているものを、合理的に
 見積もって計上するものです。

 
●引当金は、会計上は、合理的に見積もって計上すべきものですが、
 税法上は、近年の改正の中で、ほとんどが廃止されてきており、

 現在、損金算入が認められるものは、「貸倒引当金」と「返品調整
 引当金」の2つしかありません。


 税法上は、確定していない債務は、よほど合理的に見積もれない
 限り、損金には認めない、という立場です。

 
 それに対して、会計上は、当期に原因が既に発生しているもので
 あり、将来かなり高い確率で支払いが発生するものであれば、合理
 的に見積って経費に計上すべき、という立場です。


 近年、この税法と会計の差は、決定的に広がってきています。

 以前は、近づけようという努力もありましたが、最近は、会計と
 税法は違うものと、割り切って、それぞれ独自の路線を行って
 いるようです。

 その差を埋めるために「税効果会計」というものがありますが...
 (この話は、いずれしたいと思います。)


●ところで、引当金は、中小企業・未上場企業であっても、将来支払う
 可能性のあるものは、できるだけ計上していくべきです。

 税法で損金になる、ならないにかかわらず、計上すべきです。


 たとえば、賞与引当金は、半年ごとに賞与を支給するのであれば、
 決算時において、あるいは毎月において、経過した期間に対応する
 賞与を見積もって、引当金を計上するべきです。

 そうしておかないと、利益が過大計上されて、会社の業績を見誤って
 しまいます。


●また、退職給付引当金も、是非、計上して欲しいですね。

 確定給付年金や確定拠出年金に加入している場合、中小企業退職金共済
 などに加入していて、それで退職金のカバーができる場合は、必要あり
 ませんが、自社の資金から退職金を支払う場合には、退職給付引当金を
 計上すべきです。

 もちろん、税法上は損金にはなりません。
 でも、計上することが重要なのです。

 なぜ計上しなければならないのか、と言うと、それはバランスシート
(B/S)を厳しく見て、筋肉質の経営をするためです。

 ちょっとやそっとではつぶれない会社を作るために、是非、引当金を
 計上して欲しいのです。


 将来、退職金を多額に支払わなくてはいけないのに、それがB/Sに
 載っていないとしたら、その状態を経営者は本当の姿(純資産はこれだ 
 けある!)と思ってしまうからです。
 
 勘違い、特に数字に関する勘違いほど、経営にとって恐ろしいものは
 ありません。


 懸念のある将来債務は、税法などに関係なく、是非、計上して欲しい
 のです。


●たとえば、京セラさんなどは、メーカーでありながら「返品損失引当金」
 を計上しています。出版業や卸売業であるならともかく、メーカーで計上
 するのは珍しいのではないでしょうか?

 また、京セラは、投資有価証券に対して「投資損失引当金」を計上して
 おります。昨今では、時価がある一定の割合を下回れば、減損をする
 ルールを定めている会社が多いですが、そうならなくても引当金を計上
 するという、厳しいルールで臨んでいるものと思われます。

 これは、B/Sを厳しく見る、という経営姿勢が如実に現れている、と 
 言えます。

 そのような厳しい姿勢を採りながらでも、高い自己資本比率をあげていく、
 そういう経営が、会社を強くしていくのです。


 是非、自分の会社なりの「引当金」の計上を考えてみてください。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 土日月の旅行は、四国・瀬戸内海だったのですが、すごく良かったです!
 桜が満開だっとのと、鳴門の渦潮の壮大さ、瀬戸内海を渡る「しまなみ
 海道」の美しさ...瀬戸内海の美しさを知ったのは、正直初めてでした。
 また、ゆっくり行きたいなと思うところですね。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です