東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第178号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2007/04/02(第178号)「減価償却を意識して経営をする」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007/04/02(第178号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,662名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 今日から4月です。
 様々な法令の変更なども施行される時期ですね。
 平成19年度税制改正法案も、3月23日に国会にて可決成立し、
 4月1日より施行されています。

 その他にも、健康保険や雇用保険の料率などが、変わります。
 いろいろ注意、確認することが多い4月ですね。

 
 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  減価償却を意識して経営をする
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●今日は、今年の税制改正の目玉でもある「減価償却費」について
 話したいと思います。

 と言うのも、この「減価償却費」ほど特殊な経費、面白い経費はない
 と、思うからです。

 
 「減価償却費」については、おわかりの方が多いかと思いますが、
 知らない方のために、簡単に説明します。


●たとえば、100万円で機械を購入した場合、これは一時の経費で
 落としていいのか、それとも経費ではなく、資産になるのか...
 という問題が生じます。

 基本的には、自社で壊れるまで使うものであれば、経費でもいいよう
 に思います。

 しかし、100万円の機械は、その期だけではなく、今後数年に渡って
 使用して、会社に収益をもたらしてくれるものです。

 そこで、その数年を耐用年数として、その期間で経費化していくこと
 が、合理的ではないか、ということになります。

 これが「減価償却」という手続きになります。

 たとえば、耐用年数を5年とすれば、
 100万円 ÷ 5年 = 20万円 が、1年分の経費=減価償却費
 になるわけです。(この計算方法を、定額法といいます。)


●減価償却費の何が特殊、面白いかというと、

 お金が出る時期と、経費になる時期が異なる、ということからきます。


 ★お金が出る時期=購入した時 には、経費になりません。

  しかし、その後、
 
 ★経費になる時期=償却をする時 には、お金は出ないのに、経費が
  発生します。


●経営の実務的に見ると、

 ★購入する時は、多額のお金が出て、資金的に苦しいのに、経費にも
  ならないので、税金の追い討ちもあり、さらに資金的に大変。

 ★償却する時は、経費になるけど、お金が出ないし、税金も減るので
  資金繰りがとても楽になる。

 というようなことになりますね。


 もちろん、実際には、資産は1つではないので、購入と償却が入り混
 じって、単純に上記のようにはなりませんが。



●ここで大事なのは、「減価償却費」の特徴を、十分に理解して経営を
 するということです。次のようなことです。

 ・資金と経費が一致しないものは、キャッシュフロー経営をする上で、
  上記のように難しくなるので、できるだけ資産は買わない。
  (賃借やリースを活用する)

 ・資産を買う場合は、できるだけ固定資産にならないようにする。
  すなわち、経費で落ちる部分を多くするように工夫して購入する。
  (資産を、明細で細かく分けて、費用化するなど)

 ・また、資産であって、できるだけ耐用年数が短くなるように工夫
  する。
  (資産の種類の選定に気をつかう。また、独自の耐用年数を算定
   して税務署に申請するなど・・・)

 ・資産は、早期に償却することにより、キャッシュフローがよく
  なる。(上記説明のとおり)
  したがって、特別償却や、一括償却、少額減価償却資産などの
  特例を使ったり、使わなくなった資産は早期処分、除却を行なう。
  (税理士等に相談してください)


 ・資産を購入する時は、経費にならない。
  償却する時は、経費になるがお金は出ない。

  この特徴を考えると、償却している経費の範囲内で、資産を購入
  すれば、 お金の支出=経費 となる。

  したがって、キャッシュフロー経営=健全な経営 をするので
  あれば、毎期の償却費の額を、資産購入の限度額とするような
  経営をしていけばよい。

 
●というようなことが、減価償却を活かした経営になると思います。

 その他、不動産業などは、土地・建物 などの購入は、できるだけ
 償却できる部分が多いように買うことにより、資金を有効に回す
 ことなどもできます。


 たかが「償却」ですが、これを意識して経営するか、しないかでは、
 数年に渡って大きな差が出てくると思います。



 そんな経営にとって大事な「減価償却」のセミナー、下記のように
 今度やります。

 主に今年の改正について。そして、上に書いた減価償却の特例なども
 まとめて説明します。

 今回、特に無料! ですので、是非、ご参加ください。



━━【無料セミナーのご案内】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記のとおり、セミナーを行ないますので、ご興味のある方、資産管理
 で悩まれている方、是非、ご参加ください。
 なお、今回はOBCさんとの共催となるため、無料にしました!(北岡)
──────────────────────────────────
 ★★★ 減価償却対応セミナー ★★★
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ~ 平成19年税制改正、こんなに変わる償却制度! ~

 平成19年度税制改正の目玉である、減価償却制度の大幅変更!!
 95%償却が100%償却となるとともに、250%定率法の導入、
 定率法から一定時点での定額法への切替え、既存資産の5年間均等償却...
 など、償却計算は複雑化します。

 改正内容を正しく把握するとともに、これからは「システムをいかに
 活用するか」が重要になってきます。

 そこで、OBCさんに協力をいただき、「償却奉行」の体験セミナーと
 合わせて、下記セミナーを開催することになりました。

 減価償却に関する制度(特別償却や少額資産なども)のおさらいも含めて
 やりますので、是非、皆様ご参加ください。

『第1部』 改正および減価償却制度全般
      ◆講師: 税理士 北岡 修一

『第2部』 固定資産管理システム「償却奉行」体験セミナー
      ◆講師: OBCインストラクター

 ●日 時: 4月25日 (水) 15:00~17:00(受付14:30~)
 ●場 所: オービックビジネスコンサルタント(OBC)セミナールーム
       新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー32F
       丸の内線「西新宿」駅 徒歩3分
       → http://www.obc.co.jp/corporate/jigyousho.html
 ●参加費: 無料

 ※お申し込みは、こちらから → http://www.tm-tax.com/seminor1/topics.cgi
 ※お問い合わせは、こちらまで(担当:秋山) → info@tmcg.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 今日は時間がなくなってしまいました。
 週末嬉しかったのは、子供がバイオリンの全国大会で入賞したこと、
 ザンネンだったのは、お花見に行けなかったこと...でした。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です