東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第176号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2007/03/19(第176号)「中小企業でも内部けん制を」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007/03/19(第176号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,585名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 ようやく年間最大の繁忙期である確定申告が終わりました。
 できるだけ早く終わらせたいのですが、いつもギリギリになって
 しまいますね。

 ノンビリしていて、期限が近づくまでなかなか資料を出さない人、
 不足資料がなかなか揃わない人・・・そういう方がいつもギリギリに
 なってしまうのですね。
 まあ、大体常連の方が多いのですが...


 今年は、収入が増えた方が多かったです。
 少しは景気が良くなっている証拠でしょうか?

 おかげでいつも還付なのが、納付になったり、納付税額がいつもより
 多かったり、収入が多いのは良いのですが、納税額をお伝えすると、
 皆、ガッカリしますね。

 源泉徴収がされていない収入だったり、何箇所からも給与がある場合
 などは、どうしても源泉徴収が不足してしまうことが、多いです。

 源泉徴収されていても、多少でも還付があると嬉しいと思いますが、
 同じ位の収入であっても、源泉が少なくて納付になると、すごく
 税金の重みを感じてしまうのですね。

 毎月の手取りが減ってしまうのは、多少残念ですが、確定申告で
 大きく税金が不足(納付)するよりは、いいのかなと思います。
 今年は、特にそんな印象を持ちました。
 (実は、一番ガックリしていたのは、自分だったりしています...)

 
 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  中小企業でも内部けん制を
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●上場を目指す会社であれば、まずは社内の体制整備として、内部けん制
 の仕組みを入れます。

 たとえば、お金の出し入れを行なう人と、その出金の伝票を書く人は、
 別な人がやる、決して1人ですべてを行なえるようにはしない、
 ということです。

 これはお金を動かす場合だけではなく、商品の入荷や出庫など、様々な
 動きについて、複数の人がからんで、相互に確認できるようにするわけ
 です。

 これにより、事前に間違いをなくすとともに、不正が起こらない信頼
 できる組織を作っていくわけです。


●この内部けん制は、人は信用できないものだから、決まりを作って、
 不正を監視する...というような性悪説から来ているように思われ
 がちです。

 したがって、会計監査などのない中小企業では、ギスギスするような
 ことはなかなか導入しないのですね。

 社長は、「うちの経理は信頼できるから大丈夫。」とか、
     「面倒だし、あまり口を出すのはいい気がしないだろう...」
     などでやらないし、

 経理の方は、「いちいちチェックするなんて、信用してくれてないの?」
     などと思ってしまうでしょうね。
 
 ということで、ほとんどの中小企業・小規模企業では、内部けん制は
 やっていないと思います。


●では、この内部けん制というのは、どういう意味があるのでしょうか?

 実はこれは、経理の人を疑っているのではなく、むしろ責任を免除、
 回避してあげることなのです。
 責任がないことを証明してあげる、優しいシステムなのです。

 どいうことかと言うと、

 たとえば、毎日の現金残高を確認する場合、
 経理の人がお金を数えて、経理部長が確認をする、帳簿の残と金庫の残
 が合っていれば、部長が確認印を押します。

 これにより、経理担当者の責任はそこで、完了です。
 経理部長が、合っている、間違いない、と確認したのですから、
 その後の責任は、経理部長に移ったことになります。

 その後に、何か間違いがあったとしても、それは経理部長の責任に
 なるのですね。


●内部けん制とは、そういうような意味があるのです。
 担当者1人の責任にはしないよ、ということなのですね。

 これを理解できれば、内部けん制は中小企業でも、監査がなくても
 是非、やっておくべきですね。


 その意味で内部けん制は、経理の人をはじめとして、会社の社員を
 守る、罪を作らせない、優しいシステムである、ということなのです。
 

━━【無料セミナーのご案内】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記のとおり、セミナーを行ないますので、ご興味のある方、資産管理
 で悩まれている方、是非、ご参加ください。
 なお、今回はOBCさんとの共催となるため、無料にしました!(北岡)
──────────────────────────────────
 ★★★ 減価償却対応セミナー ★★★
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ~ 平成19年税制改正、こんなに変わる償却制度! ~

 平成19年度税制改正の目玉である、減価償却制度の大幅変更!!
 95%償却が100%償却となるとともに、250%定率法の導入、
 定率法から一定時点での定額法への切替え、既存資産の5年間均等償却...
 など、償却計算は複雑化します。

 改正内容を正しく把握するとともに、これからは「システムをいかに
 活用するか」が重要になってきます。

 そこで、OBCさんに協力をいただき、「償却奉行」の体験セミナーと
 合わせて、下記セミナーを開催することになりました。

 減価償却に関する制度(特別償却や少額資産なども)のおさらいも含めて
 やりますので、是非、皆様ご参加ください。

『第1部』 改正および減価償却制度全般
      ◆講師: 税理士 北岡 修一

『第2部』 固定資産管理システム「償却奉行」体験セミナー
      ◆講師: OBCインストラクター

 ●日 時: 4月25日 (水) 15:00~17:00(受付14:30~)
 ●場 所: オービックビジネスコンサルタント(OBC)セミナールーム
       新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー32F
       丸の内線「西新宿」駅 徒歩3分
       → http://www.obc.co.jp/corporate/jigyousho.html
 ●参加費: 無料

 ※お申し込みは、こちらから → http://www.tm-tax.com/seminor1/topics.cgi
 ※お問い合わせは、こちらまで(担当:秋山) → info@tmcg.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 昨日は、大学の後輩が入っている合唱団の発表会に行ってきました。
 同好会か何かの発表なのかなと思っていたら、何と1,300人入るホールが
 満員になる程の集客力に、ビックリしました。
 
 内容もとてもレベルが高くて、合唱あり、ソロあり、踊りあり、と
 とても楽しませていただきました。
 たまには、こういうものを聞きにいくのもいいですね。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です