東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第171号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2007/02/12(第171号)「価格=経営者の考え方そのもの」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007/02/12(第171号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,614名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 残業代割り増しの議論が盛んですね。それによると、

 1.月45時間以下は、現行の25%割増し
 2.月45~80時間は、1を上回る率で労使協議で設定(努力義務)
 3.月80時間超は、一律50%割増し

 という案になっています。
 決まれば、来年4月にも実施予定とのこと。

 ただし、中小企業(従業員300人以下)は、上記3の50%割増については、
 3年間の経過を見てから、導入を検討するとのこと。
 とりあえず、多くの企業は救われますが...

 それにしても、ホワイトカラー・エグゼンプション(一定の要件を満たす
 会社員を、労働時間規制の対象からはずし、自由な働き方を認める制度)
 の方は、参院選対策なのか、法案からはずしてしまったようで、ちょっと
 残念ですね...

 私は、そういうものがあった方が、いいと思うのですが。


 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  価格=経営者の考え方そのもの
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●この5週、「経常利益率10%以上を目指す」経営のためには、

  「売上を最大にして、経費を最小にする」
  「値決めは経営」

 ということが、大事であることを話してきました。
 で、今日は値決めについて、思うこと。


●値決めについて最も大事なことは、「ブレないこと」です。
 一度決めた価格体系は、カンタンには変えないことです。

 もちろん、許容の範囲での値引きや、戦略的な価格設定、特殊な場合の
 特別価格、市況に連動するもの、などは、構わないでしょう。

                    .......
 「ブレない」ということは、価格に対する基本的な考え方を、場当たり
 的に変えない、ということです。


●当社は、本当に良いものを、その価値がわかる方だけに、売りたい。
 したがって、高価格路線でいく、と決めたら、その路線を通さないと
 いけません。

 お客様によって安くしてしまったり、売れ残ったからといって安くして
 しまってはいけないのです。

 同じように、低価格でたくさん売っていきたい、と決めたらそれを押し
 通します。このお客さんには高く売れそうだ、とか、こういう場合には
 今までのお客さんにはわからないから、高く売っちゃおう、ということ
 をすると、後でしっぺ返しを食らいます。


●なぜかと言えば、価格は、経営者の「考え方そのもの」を端的に表す
 からです。

 いくら経営理念がこうだ、当社の方針はこうだと、書いても、訴えても、
 価格ほど直接的に、消費者・お客様にメッセージを伝えるものはありま
 せん。

 価格の付け方を見れば、どういう会社かがわかるのではないでしょうか。
 価格はない、その時々の見積もり、ということであっても、
 「なるほど、○○○という考え方か...」と、顧客は解釈します。


●それほど、大事な価格ですから、これを場当たり的に変えるわけには
 いかないのです。

 そういうことをすると、会社に対する信頼感が失われます。

 「この間は、この価格だったのに、なぜ今度はこの価格なの?」
  という疑問がお客様には湧いてきます。

 それに対する余程納得できる理由がなければ、お客様は疑問を持つよう
 になります。それが何回か続くと、自然にお客様は離れていってしまう
 でしょう。


●価格のメッセージは、本当に大事にしましょう。
 そして一旦決めたら、簡単には変えられないわけですから、その決定は
 慎重に行なわなければなりません。

 まさに、経営者の重要な判断事項になると思います。

 その決めた価格の中で、何としてでも利益を出さないといけないので
 ですから、安易には決められません。
 将来の、原価の変動なども考えておかないといけません。

 まさに値決めは経営なのですね。


 価格を決めるということは、経営戦略を決めることと、同じくらい
 重要なんだ! ということを、肝に銘じておく必要があるということ
 です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 3連休、初日こそがセミナーをやりましたが、その後は結構ゆっくり
 してしまいました。これから、当社の年間最大の繁忙期「確定申告」が
 始まります。
 通常の仕事をしながら、これが上乗せされるわけですから、事務所スタ
 ッフ皆大変です。
 私はチェック専門なので、横で旗を振っているようなものですが、
 とにかく、これから1ヶ月間頑張りましょう!

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です