東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第168号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2007/01/22(第168号)「単位当たり付加価値の追求」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007/01/22(第168号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,661名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 平成19年度税制改正では、役員給与についてもいくつか改正に
 なっていますね。

 昨年改正になった「特殊支配同族会社」(持株90%以上、常務役員過半
 数同族)の社長給与のうち、給与所得控除相当分が損金不算入になる、
 という、理不尽な規定ですが...

 この適用除外の枠が拡がりましたね。会社の所得と社長給与合わせて
 800万円以下だったのが、倍の1,600万円以下になりました。

 3年平均でその金額以下であれば、損金不算入にはならない、という
 ことです。

 いきなり倍ですから、相当の批判に押された形なのかと思います。
 それにしても、1年で倍にするわけですから(まだ1年目の申告も
 終わっていないのに)、当初の決め方は何だったんだ! という気も
 します。

 もう少し、議論をつくして決めて欲しいですね。
 それにしても、1年間だけは、800万円基準でやらなくてはいけない
 ので、余分な税金を払わされる会社は、いい迷惑だと思います...

 
 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  単位当たり付加価値の追求
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●この2週、「経常利益率10%以上を目指す」経営のためには、

  「売上を最大にして、経費を最小にする」
  「値決めは経営」

 ということが、大事であることを話してきました。

 しかし、もう1つ大事なことがあります。
 それは、利益率を高めていくには、単位当たりの付加価値を追求し、
 これを極限まで上げる、ということです。


 例えば、

  ・時間当たり
  ・営業マン1人当たり
  ・全社員1人当たり
  ・顧客1件当たり
  ・商品、製品1個当たり
  ・・・

  いろいろあると思います。
  それぞれの付加価値を極限まで高めていくことが、利益率を上げて
  いく、利益の上がる体質を作り、これを持続していくためには、
  必要不可欠なことです。


●たとえば、1億円利益を上げたと言っても、これがすばらしい数値
 なのかどうかは、これだけではわかりません。

 1億円の利益を上げるために、

  ・何人でやったのか?
  ・時間はどの位かかったのか?
  ・何個の商品を売ったのか?
  ・・・
 
 などによっては、決して儲かっているかどうかはわかりません。
 2人でやったのか、100人でやったのかでは、全く違うはずです。


●この単位当たり付加価値を上げることについては、製造業では
 トコトン追求しているはずです。

 いかに効率よく作業をするか、限られた時間の中で、より多くの
 ものを作り、さらにより質の高いものを作る。
 コストもギリギリまで下げる努力をする。

 日本の製造業は、この質の追及、効率性の追求について、本当に
 すばらしいと思います。


●それに比べると、販売業やサービス業は、本当にまだまだだと
 思います。効率性の追求、時間当たりの付加価値を高めようと
 いう意識がなかなか持てないのです。

 製造業の場合は、ある程度皆が連動していますから、誰かが
 さぼっていると、すぐにわかってしまいます。したがって、
 全体でまとまって、効率を上げていきやすい環境にはあると
 思います。

 その点、いわゆるホワイトカラーの人たちは、それぞれが勝手
 にやっていても、わからない部分がある。日々の作業がそのま
 ま実績につながるとは限らない...というような点が製造業
 とは違うと思います。


●だからこそ、販売業やサービス業の場合は、余計に単位当たり
 の意識を強く持つ必要があります。

 ・1人1ヶ月当たり、いくらの付加価値を目指すのか、
 ・それには、顧客1件あたりはどうなのか、
 ・どのサービスでいくらの付加価値を上げるのか、

 などを明確に持っておく必要があると思います。

 御社ではどのような、単位当たりを指標にしていますか?


 当社(会計事務所)でいえば、人だけで成り立っていますから、
 やはり、「1人1ヶ月あたりの粗利益」をいかに高めるか、が
 大事だと思っています。


 これらの指標を明確に持つこと、そしてそれを徹底的に追求して
 いくこと、これが高収益体質の会社を作るために、最も重要な
 ことではないか、と思っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 センター試験が土日にありましたね。実はうちの息子も受験生です。
 昨日は、「今年から試験の形式が変わって、すごく難しかったよ。
 皆できなかったみたいだよ。」といって、安心していましたが、

 できないのは、自分のまわりだけなんじゃないの?・・・と、つい
 心配になってしまいますね...

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です