東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第166号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2007/01/08(第166号)「固定費と変動費は良くない?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007/01/08(第166号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,658名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 今年の税制改正で、金額的なインパクトはないのですが、今後の方向性
 として大きいのは、電子化促進措置です。

 いわゆる電子申告などですが、今まで使い勝手などから、なかなか進ま
 なかったのですが、今年からはかなり進むと思います。

 というのは、恐らく会計事務所が真剣に取り組むようになると思うから
 です。その根拠としては、電子申告控除ができた、ということがあります。

 平成19年分、20年分の所得税を電子申告で行なえば、5,000円の電子
 申告控除をいずれかの年分で受けられます。わずか5,000円ですが、税金
 が安くなる方法があるのに、それを使わないのは、会計事務所にとって、
 真剣に仕事をしているのか、疑われることになってしまいます。

 大げさに言えば、わずか5,000円のために、会計事務所の信用を落とす
 ことになります。

 法律で決まったから(3月の見込みですが)には、これは会計事務所は
 やらざるを得ません。
 ですから、今年から電子申告は一気に進むと思うのです。

 しかも、会計事務所が電子申告を代行してあげれば、納税者は面倒な 
 ことをする必要はない措置も入っています。電子申告をやるかどうか、
 5,000円の控除を受けられるかどうかは、会計事務所の問題になって
 くるわけです。

 その他にも、源泉徴収票の電子交付や、扶養控除等申告書等の電子提出、
 電子納税証明書、はたまた、オンライン登記やオンライン・レセプト
 など、電子化真っ盛りです。世の中の手続きのほとんどが電子化される
 と考えておいた方が良いのでしょうね。


 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  固定費と変動費は良くない?
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●先週、お話したように、今年はまず「経常利益率10%以上を目指す」
 経営について、そのヒントになるようなことを書いていこうかと思って
 います。

 先週紹介した「盛和塾」では、経常利益率10%以上を目指すためには、
 主として次の2つのことしか言っていません。
 
  「売上を最大にして、経費を最小にする」

  「値決めは経営」



●「売上を最大にして、経費を最小にする」については、以前のこのメル
 マガでも何回か取り上げています。
 本当に単純なんですが、これしかないですよね、利益を上げるには。

 利益の式が、売上-経費(原価も含む)=利益 なんですから、
 「売上を増やして、経費を下げれば、利益は増えるじゃないか。」という
 これ以上シンプルな考え方はありません。


 最も大きなポイントは、『売上と経費は連動しない!!』ということ、
 これを十分理解しておくことです。

 これを肝に銘じておかないと、この法則の意味は半減どころか9割減
 してしまいます。
 
 すなわち、売上が増えたからといって、経費も増やさない、ということ
 です。固定費はもちろん、たとえ変動費であっても・・・


●この固定費と変動費ということばは、よく考えてみると、経営にとって
 あまりいい言葉ではないですね。

 固定費は、売上が増えても減っても、変動しない固定している経費とい
 うことです。

 そして変動費は、売上と連動する経費ということです。


 なぜ、良くないかというと、まず固定費は、常に固定している、という
 概念ですね。これは決してそう思ってはいけないわけです。

 本当に固定しているのか? ということです。 ムダなものナアナアに
 なっているもの、別な方法でできるもの、などはないか、ということで
 すね。当然、皆さんもやっているとは思いますが、常に、見直して固定
 させないことが大事です。

 だから、本当は「非固定費」なんです。そう思っておいた方が絶対いい
 です。


●次に変動費ですが、これは売上が増えれば増えるけど、売上が減れば
 減るのだから、経営にとってはいいのでは。 よく固定費を変動費化
 しろなんていうくらいだから、変動費は良いのではと思われているかも
 知れません。

 でも、この常識に落とし穴があると思うんですね。

 「売上が増えれば、変動費なんだから当然、増える。」この考えがある
 限り、経常利益率10%以上の壁を越えることができないのだと思います。

 変動費だけど、売上が増えても増やさない方法はないのか? むしろ
 もっと減らすことはできないのか? 外注ではなく内作でできないのか?
 今の商売の中から、原価なしてで付加的、2次的に収入を増やすことは
 できないのか?

 等々、変動費の売上連鎖を断ち切るようなことを、是非考えて欲しいですね。


 この固定費と変動費、という言葉・常識に挑戦することが、経常利益率
 10%以上への道だと思います。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■平成19年度税制改正カンタン解説セミナー & 新年賀詞交歓会のご案内
──────────────────────────────────
 当社のお客様や、様々な会の仲間の経営者の方、対象のものですが、
 メルマガの読者でよく私のセミナーにいらっしゃていただいている
 経営者の方、その他中小・中堅企業の経営者、経営幹部の方、よろ
 しければ、是非、お気軽にご参加ください。

 ●日時:2月1日(木)17:00~18:15セミナー、18:30~賀詞交歓会
 ●場所:センチュリーハイアット東京(西新宿)B1F 白鳳、平安
 ●会費:1万円(税込み。セミナー、交歓会込み)
 ●定員:150名(定員になり次第、締切りとさせていただきます。)

 ※詳細はHPより→ http://www.tm-tax.com/
 ※お申込み後、詳細をお送りします。
 
 ※お申込みは、HPより申込書入手、または→ info@tmcg.co.jp まで
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「正しい会計をすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 何か仕事が始まったかと思うと、また、3連休。
 ちょっと休み過ぎかな、という気がしますが...
 でも、これでも何とか仕事が回っていくから不思議ですね。
 ただ、当事務所も、皆が休みに出てくれて終わっているという状態も
 あるようですが。いずれにしても、休みと仕事の日程のバランスをもう
 少し考える必要があるかも知れません。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です