東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第164号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2006/12/25(第164号)「B/Sを穴のあくほど見る」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2006/12/25(第164号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,697名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 平成19年度税制改正大綱で、特殊支配同族会社(実質一人会社)の
 役員給与の一部損金不算入制度が、改正されましたね。

 この制度自体は、来年3月決算から課税になってきますが、すなわち
 実質一人会社の役員給与のうち、給与所得控除相当額は、損金の額に
 算入しないよ、ということです。

 不合理な税制で、改正要求も多かったのですが、若干改正されました。

 この制度の適用除外基準に、法人所得と役員給与の合計が、年800万円
 (3年間の平均)以下であれば、適用しないよ、というのがありました。

 この800万円が、1600万円に引き上げられたのですね。

 良かったです。
 かなり、適用除外になる幅が広がったのでは?

 年間800万円の社長給与の会社は、法人の申告所得が800万円以内で
 あれば、適用除外になります。

 社長給与が、1200万円であれば、法人の申告所得が400万円以内で
 すね。

 これ以上の会社も、多いとは思いますが、救われる方も多いのでは..?
 

 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  B/Sを穴のあくほど見る
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●今回で、今年最後のメルマガですね。今年も大変お世話になりました。
 次回は、新年元旦1月1日の予定です...

 おとそ気分で、果たして出せるのか...と思うでしょうが、これは
 必ず出します。とにかく、今まで1週たりとも休んでいませんから、
 絶対出し続けないといけないと、心に決めています。


●まあ、それは別として、

 今回は、「利益と資金を一致させる経営」の最後です。

 これを行なうには、最後は「B/Sを穴のあくほど見て欲しい。」と
 いうことに尽きます。

 資金の問題は、結局はB/S(バランスシート=貸借対照表)の問題
 です。

 キャッシュフロー計算書など作らなくても、B/Sを見ていれば、
 どこを改善していけばいいのかが、わかります。

 B/Sを見ながら、思いをめぐらすのです。

 これはもう、このメルマガで何回も言っているかも知れません。

 あまり論理的ではないかも知れませんが、とにかく見て、自分で
 感じなければ、本当に改善しようとは思いません。特に経営者は、
 ヒマがあったらB/S見て欲しいですね。


●ポイントは、いろいろあります。
 業種や、業態によっても、当然B/Sの形は違うと思います。


 ▼まずは、大きく総資産を見てみよう。
  いくらあるのか...
  当社は、いくらの資産を回しているのか...


 ▼次に、その総資産の調達はどうなっているのか?
  すなわち、自己資金と内部留保で調達している「自己資本」は
  いくらあるのか?

  人から借りてきている「負債」は、いくらなのか?
  これらのパーセンテージは?

  いわゆる「自己資本比率」が、高くないと(少なくとも30%以上)、
  資金繰りは、苦しくなる。
  うちが、苦しいのは、これが低過ぎるからか...

  なぜ、低いのか?

  でも、当社は増資するわけでもないし、自己資本を増やしていく
  ためには、内部留保を貯めていくしかないな。

  それには、利益を上げて、税金も払っていかないといけない。
  そうしていこう!


 ▼では、調達してきた資金は、どのように運用しているのか...
  資産の内訳を見てみよう。

  固定資産と流動資産の割合は、どうなっている?

  固定資産が多くて、資金が固定化していないか?
  固定している資金が多いと、当然、資金繰りは苦しくなるよね。
  改善することは、できないのか?
  
  こんなに固定資産を持っている必要はあるのか?
  資金化できるものは、ないのか?

  
 ▼次に、流動資産。

  当社の現金預金はいくらある?
  それは、何か月分の支払いをまかなえる額?
  もし、収入がなくなったら、何ヶ月持つんだろうか...?

  これでは、ちょっと恐ろしいな...
  もっと、キャッシュを増やさないと!


 ▼では、キャッシュを増やすにはどんなことができそうか?

  売掛金は、売上の何か月分ある?・・・そんなにあるのか?
  もう少し回収早めないといけない・・・どうしたらいいか?

  受取手形もあるけど、これはもう、なくしていかないといけない!
  強い意志でやっていこう。

  在庫は、売上の何ヶ月分ある?・・・これも多過ぎる!
  こんなにいらないはず。ちょっとルーズになっている可能性がある。
  在庫を減らす対策を、皆に検討してもらおう。


  余分な資産が結構ある。
    貸付金、立替金、前渡金、仮払金 ・・・・
  
   これらは一体何だっけ?
   よく内容を見てみないと。
   こんなところにお金が行っていたら、お金がいくらあっても足り
   ないよ。

 
 ▼今度は、負債も見てみよう。

  買掛金は、売掛金と比べてどうか?
  売掛金の額の方が、かなり多いな。

  それはある意味当然だけど、本当にそうだろうか?
  売掛金と買掛金のサイトがきちんと守られているだろうか?

  買掛金を、売上の入金前に払ってしまっていないだろうか?
  調べてみないと。
  それによっては、きちんと交渉しないと...


 ▼当社の借り入れはいくらある?
  長短合わせて、売上の何か月分あるのだろうか?

  目安は3か月分かな。ちょっと多過ぎる。
  3か月分くらいにしておかないと、返済が大変だ。
  それ以内になるまでは、借入をしないでいこう。

  そのためには・・・
  

 ▼ところで、B/Sの数字はこうなっているけど、これって本当に
  正しいの?

  固定資産は、こんなにあるけど、本当にあるのか?
  土地は、実際こんなにはないよね。買った時よりもずい分下がって
  いるから、売ったら損が出るな。

  有形固定資産は、減価償却制度でしょうがないかも知れないけれど、
  実際、売れるわけではないから、早く償却したい。

  もしかしたら、もう使っていない資産もあるかも知れない...

  無形固定資産や繰延資産などがあったら、これはもう経費の繰延
  であって、実際にはない資産。
  換金性ゼロだから、本当は資産から除くべきか...


  流動資産のほうにも、資産性のないものはあるか?


 ▼また、負債は本当に全部計上されているのか?

  賞与引当金は、税法上損金にならないから、載せてないけど、
  実際、2ヶ月先に支払う賞与は、もう発生しているから、
  本当は負債にしないといけないな...

  当社は、退職金規定があって、一部は共済掛金に積み立てている
  けど、会社から支給する部分も半分くらいはある。
  
  今、勤めている人たちの退職金は、すでに発生しているから、
  これも本当は負債にしないといけないか...

  ★これらの負債も考えると、実際、自己資本比率はもっと低い
   じゃないか...
   そうやって、自己資本比率を見ないと、ぬか喜びになってしまう。
   注意しないと...


 ・・・・・
 ・・・・・


●まあ、こんなように是非、B/Sを見ながら、ブツブツと自問自答して
 みてください。

 まだまだ、いろんなポイントがあると思います。
 B/S見ながら普段の仕事、現場の仕事を想像し、皆の顔、得意先のこと、
 仕入先のことを想像します。

 現場を知っている経営者だからこそ、できることです。

 B/Sと実際の会社の動きがつながってこそ、財務改善ができていくの
 です。

 決して、専門家が机上の分析をやって、経営が良くなっていくわけでは
 ないのです。


 経営者、幹部の皆様こそ、是非、B/Sを穴のあくほど、見て欲しいと
 思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 皆様の会社は、何日までですか?
 当社は、若干早くて26日まで。明日大掃除-忘年会で終わりですね。
 (まあ、それ以後も会社に出て来ざるを得ない人もいますが...)

 ただ私は、28日まで毎日忘年会のみ入っています。
 これも仕事のうちか...

 ということで、本年もありがとうございました。是非、良いお年を!!

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です