東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第155号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2006/10/23(第155号)「早期回収の具体的方法」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2006/10/23(第155号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,823名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

  先週は、M&Aのセミナー、何名か来ていただきありがとうございます。
  近年の商法改正、今年は新・会社法創設、そして税法改正も後押しして
  M&Aや組織再編が非常にやりやすくなってきています。

  M&Aというと構えてしまうかも知れませんが、中小企業同士でも株式
  譲渡や合併などが、相当増えてきているようですね。(年間7~8,000件)

  後継者がいない場合には、自分の代で終わりと廃業するよりも、
  M&Aを考えた方が、時間的にも、経済的にもそして精神的にも
  メリットが多いですね。

  また、事業拡大にあたっては、自社の努力+M&Aを活用することに
  よって、時間的、経済的にメリットが多い場合が結構あります。
  シナジーという効果も期待できます。

  そのようなことが思い当たる場合は、是非、ご相談ください。
  当社は、日本最大の中小企業M&Aのネットワークに加盟していますの
  で、ご相談に乗れると思います。

                     北岡→ kitaoka@tmcg.co.jp
 
 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  早期回収の具体的方法
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●たとえば、御社の売掛金が、毎月末5,000万円位あるとします。

 早期回収をしていこう、とするのであれば、まず、売掛金残高の全体目標
 を設定します。

 たとえば、売掛金の残高水準をを1/2にしよう、ということです。
 上記例では、常時2,500万円にしよう、というのが目標になります。

 かなり厳しい目標かも知れませんが、これができるともの凄く資金繰りが
 楽になるはずです。

 一気に1/2になるわけではないので、なかなか資金繰りの楽さが感じら
 れないかも知れませんが、ある日突然、「ずい分資金繰りが楽だな...」
 と感じるはずです。

 資金繰りは、苦しくなる時も、楽になる時も、徐々に感じるものです。


●全体で、大枠で目標を決めたならば、今度は売掛金の中身を詳細に見て
 いきます。

 各売掛金の残高明細です。

 よく売掛金の年齢調査というものをやりますが、これは、たとえば9月末
 に残っている得意先別の売掛金について、

  1.当月(9月)発生したものはいくら
  2.前月(8月)発生したものはいくら
  3.前々月(7月)発生したものはいくら
  4.それ以前に発生したものはいくら

 というように、売掛金の明細を発生月別に表わした表を作っていきます。


 得意先 売掛金残高 当月発生分 前月発生分 前々月発生分 それ以前
 ─── ───── ───── ───── ────── ────
      

 というような表ですね。

 この表を見ると、売掛金を1/2にするには、どの部分を減らせばいいの
 か見えてきます。

 
 そして、当月発生分と前月発生分はいいが、前々月発生分とそれ以前発生
 分については、回収の催促をしたり、何らかの処置を取っていきます。

 また、今後は、極力前々月以前分を発生させない対応を取っていきます。


 さらに、前月発生分も基本的にはなくしていく方法を考えていきます。
 個別の交渉もあるし、全体でのルール決めもあると思います。

 ここまでやると、かなりの売掛金削減ターゲットが見えてくるはずです。


●その上で、具体的な行動を起こしていきます。

 1.まずは、上記年齢表などにより、個別の得意先あるいは得意先
   グループごとの削減目標を決めます。

 2.上記については、最低月1回の「月次会議」「営業会議」などで
   その削減進展状況を、各担当者が発表します。
   早期回収できたところ、できなかったところ、その原因、今後の対応
   を各担当者に話してもらいます。それについての、質疑・アドバイス
   などを行ないます。

 3.また、今後の取引についての基本ルールを決めます。
   
   ・入金サイトは、どのように設定するか?
      納品後、1ヶ月以内なのか、1週間以内なのか、等々。
      当然、相手があることなので、その通りにならないことも多い
      かと思いますが、当社の基本を決めておくことは重要です。

   ・支払い(入金方法)は、どのようにするか?
      振込みなのか、現金・小切手回収なのか、手形は許容するのか、
      自動引き落としなのか、代引きなのか、前金なのか・・・

      もちろん、できるだけ早く・確実に回収する方法を決めます。
      これに沿わない得意先は、取引をするのかどうか、その覚悟も
      決める必要がありますね。

   ・契約書や見積書、約定書などをきちんと作る。
      取引を始めるにあたっては、業種にもよるでしょうが、できる
      だけ文書を交わす、差し入れることが重要です。

      売掛金の回収にあたっては、最初が肝心です。
      最初にきちんと取り決めをしておかないと、相手のペースに 
      なってしまいます。これを了承していただかなければ、取引は
      しない、という覚悟できちんと書類を作ることです。


 4.以上のようなルールを決めた上、日常業務をきちんとやっていくこと
   です。たとえば、次のようなことです。

   ・約定の入金期日に入金がない場合は、経理担当者が、営業担当者に
    迅速に伝え、営業担当者は、先方に確認・督促をする。

   ・それでも、入金がない場合は、あらかじめ決めたルールにのっとり、
    何日過ぎたら再請求書を出す、営業が訪問して話をしてくる、所定
    の法的手続きを取る、取引の停止をする・・・など、社内ルールに
    基づいて行動を起こします。(社内ルールを作っておく)


    大事なのは、ほったらかしにしない、ということですね。
    お金のことにルーズでなく、きっちり言う会社は、却って信頼され
    るものです。それで恨みを買うような得意先であれば、レベルの低
    い得意先だと思い、取引を控えていく位の方が良いかと思います。

    また、きちんという相手には、資金繰りは苦しくてもきちんと払う
    というようになるものです。何も言わないところに対する支払いは
    遅くなるものです。(相手にそういう意識を持たれると怖いですよ)


   ・請求書は迅速に発行する。月締めで発行するのも良いですが、
    単発の取引などは、取引が終わったら即座に請求書を発行する方が
    入金は早くなります。


   ・請求書を早く発行するという意味では、前金の請求、着手金の請求、
    当月分の前月末請求なども、検討してみてください。
    
    たとえば10月分は、9月末に請求し、10月末までに入金して 
    もらうということです。これにより、売掛金の計上がなくなります。

   ・請求書に入金期日を入れるのも効果があります。
    「○月○日までに、お振込みください。」というような語句です。

    さりげなく入れておくことにより、その日までに振り込んでくれる
    ことが多いものです。


 以上、ちょっと長くなりましたが、このようなことを地道にやることによ
 り売掛金は、徐々にでも減っていくことでしょう。

 資金繰りの良さを実感できれば、さらに回収に弾みがつくかも知れません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
──────────────────────────────────
◆メルマガを出されている方、相互紹介しましょう→ kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
  今日はこれから沖縄に行ってきます。
  遊びではなく、仕事・セミナーをしに行ってきます。

  沖縄というと何か浮かれた気分になりますが、仕事で行くのは初めて
  です。でも、仕事でも嬉しいもんですね!

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です