東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第146号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2006/08/21(第146号)「利益率は、何%が妥当?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2006/08/21(第146号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,629名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 各省庁の2007年度税制改正の要望が、いろいろと上がってきてい
ます。その中で、経産省からは、相続時精算課税(相続時精算を前提に
2,500万円まで無税で親から子に贈与できる制度)の親の年齢制限である
65歳以上を、撤廃しようという案が出ています。

 ただし、無条件に撤廃するのではなく、「事業承継」の場合に限って、
ということです。

 端的に言うと、親から子へ株式を贈与する場合などでしょうね。

 これはいいですね。子が事業承継することにより、株価が上昇する
ことが見込まれるのであれば、早めに子に株式を移してしまう。

そうすれば、その後の株価の上昇については、相続税の負担がなくなる
わけですから。是非、実現させて欲しいと思います。


 また、議決権のない株式については、相続税評価を20%軽減する、
という改正案も出ています。
 
 今年の会社法改正により、株式会社は様々な種類株を発行することが
できるようになりましたが、ではどのように株価を評価するのか、とい
うことについては、これからです。

 当然、議決権のある株式と、ない株式が同じ評価ではおかしいですね。
その議決権のあるなしで、20%の差をつけよう、ということです。

 今後、後継者が持つ株式は議決権があるのは当たり前ですが、それ
以外の株式については、議決権を持たせるかどうか、ということが、
検討事項の1つとなってきますね。

 それによって、株価が変わってくるということは、譲渡や贈与、
相続税なども変わってくるのですから...
 
 株式のあり方については、様々な選択肢が出てきそうです。


 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  利益率は、何%が妥当?
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「利益率というのは、何%位が妥当なんでしょうか?」

 こういった質問をよく受けることがあります。
 でも、こういう質問は本当に困りますね。
 
 正直、そんな普遍的な指標はないと思っています。


 利益率は、業種によっても違いますし、同じ業種であっても、その会社、
会社の扱う商品やサービスの内容、地域や競合状態など、そして経営者の
考え方などによっても違ってくるでしょう。
 
 何%が妥当かなんて、正直、言えないのです。


 こういう質問をする人は、その数値を聞いて安心したいか(やっぱり他
社も低いのか...)、あまり何も考えないで話しているか、どっちかで
すね。(笑)



●どの位の利益率を出すかは、社長が自分で決めるものです。

 その際には、業界の常識や、一般常識には捉われる必要はありません。
 自分の出したい利益率を掲げればいいのです。

 京セラの稲盛氏は、「どんな業種でも経常利益率10%以上を目指せ」
と言っています。

 たとえ、平均2%位の儲からない業種だって、10%を目指そうと思え
ば、必ずできる。現に、同じ業種の中で必ずそういう会社はあるはずです。

 要は、社長がそう思うか、思わないか、の違いだけです。


●その際のポイントは、業種にこだわらないことです。
 業種にこだわっていると、発想が限界にいきづまります。

 こだわるのは、「業態」です。

 どんな売り方をするか、ある商品を売るが、本当に売るものは何なのか、
 何度もリピートしてくれるファンを作る仕掛けとは...


 世の中を見回してみると、営業利益率20%以上の会社は、たくさん
 あります。
 そういう会社を見ると、何業なんだろう、ちょっと同業種とは違うな、
 という会社が多いです。

 たとえば、
 ・ベーカリーレストラン サンマルク
 ・ヤフー
 ・ユニクロ(ファーストリテイリング)
 ・マイクロソフト
 ・・・

 有名な会社ばかりですが、中小企業にだってたくさんあります。


●営業利益や経常利益を上げるために、財務上必要なのは、


 ・高い粗利を取れる商品、付加サービスを持つこと
 ・固定費を極力少なくすること

 ですね。


 創意工夫次第でいくらでも、高い利益率はたたき出すことが
できるでしょう。

 その参考になる良い本があります。
 
 「営業利益2割の経営」(本郷孔洋著、日本経営合理化協会)
 → http://www.jmca.net/book.html

 ちょっと高い本ですけど、興味ある方は読んでみては?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆新・会社法対応 定款見直し・作成のご相談は、
  今すぐこちらから →  http://www.tm-tax.com/teikan.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆小さい会社のための経理サービス「クイック経理サービス」のご相談は、
  今すぐこちらまで →  info@tmcg.co.jp 担当:秋山
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★メルマガを出されている方、相互紹介しましょう→ kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992
──────────────────────────────────
メルマガの解除はコチラ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
  駒大苫小牧と早実の決勝戦は、凄かったですね!
 私は、用があって最初からは見れず、ちょうど8回から見たんですね。
 そしたら、いきなり駒大のホームラン、早実の同点劇...
 それからが圧巻でしたね。
 
 駒大の田中投手と、早実の斉藤投手の投げ合い、見ごたえがありました。
 ピンチになっても動揺しない(そう見える)精神力には、圧倒されるも
 のがありますね。最後は、両校ともとても点は取れないんじゃないかと
 思ったくらいです。

 それにしても、特に斉藤投手、また、今日も何連投?もして大丈夫なん
 だろうか、将来大学生やプロになった時に、肩壊してしまうんじゃない
 かと、そっちの方が心配になりますが...

 1日くらいあけてから再試合、というわけにはいかないんですかね?

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です