東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第134号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2006/05/29(第134号)「LLCの活用」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2006/05/29(第134号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,753名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 5月会社法施行して、はや1ヶ月近くですね。
 定款変更の依頼は、殺到していますが、その他はそれ程変わったという
 気はしませんね。

 今は、皆勉強中、これから、というところですかね!

 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  LLCの活用
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●会社法で新たにできた会社組織が、LLC(合同会社)です。

 実際には、私どもでもまだ作ったことはないのですが、結構使えるので
 は? と思っています。


●LLCの特徴を、簡単に並べてみると、

 1.出資者は、全員有限責任である。
 2.広く定款自治が認められる「組合的規律」が適用される。
 3.出資額に関係なく、利益配分割合を決められる。
 4.1人でも設立できる。
 5.設立にあたっては、定款認証は不要。
 6.法人であるため、法人課税となる。
 7.決算公告の必要はない。
 8.役員の任期は規制されていない。    等々


 ということであり、気楽に(?)会社を作るには、もってこいの
 制度ですね。

 有限会社はなくなりましたが、以前の有限会社的感覚で活用する
 ことができそうです。


●LLCとよく比較されるのが、LLP(有限責任事業組合)です。
 
 LLPは、既に昨年の8月1日から設立が可能ですが、会社法でいう
 いわゆる「会社」ではなくて、組合(パートナーシップ)となってい
 ます。

 LLCとの大きな違いは、パートナーシップですから、2人以上で
 設立すること、

 法人課税ではなく、パススルー課税(構成員課税)が適用されること、
 に最大の特徴があります。

 すなわち、LLPは、
  法人税が課税されることはなく、
  構成員(出資者)に、利益配分割合に応じて損益が配分され、
  構成員の所得に加算されて、税金を計算することになります。

 したがって、
  法人税の課税と、さらに構成員へ配当した段階の配当課税との、
  いわゆる二重課税がなくなります。

 また、
  LLPで損を出した場合は、構成員の所得からその損を控除する
  ことができるため、節税にもつながります。


●本来は欧米のように、LLCにパススルー課税を導入しようとした
 らしいのですが、それが通らず、急遽LLPを作った、という話も
 あります。

 したがって、パススルー課税が使えないLLCは、不利、使えない
 ように思われるかも知れません。


●ただし、LLCは使い方によっては、非常にいいなと思っています。

 まず、1人で簡単に安く設立できること。
 運営コストも抑えられます。役員の任期がないことや、決算公告の
 必要がないことなど...


 そして、重要なのは、法人税がかかること。

 「えっ!」と思うかも知れません。
  法人税は払いたくない、と思うのが普通ですよね。

 でも、法人税を払うということは、「内部留保」ができる、ということ
 なんです。

   税引前当期純利益  xxx
   法人税等     ▲ xx
   ━━━━━━━━━━━━━━
   当期純利益     xxx → 利益剰余金(内部留保)
 
   ですよね!


●LLPは、すべて構成員に損益を配分してしまいますから、
 内部留保は一切ありません。
 しかも、利益が出ていれば、構成員の段階で結局は税金を払います
 からね。 税額の違いはあるけど、まあ、同じことです。


●内部留保ができる、ということはどういうことでしょうか?

 内部留保を貯めれば、会社が強くなる、大きくなる、
 再投資ができる、信用がついて借入れをすることができる...

 そうです。会社(LLC)を成長させていくことができるのです。


 もし、会社が大きくなってきたら...

 そう、株式会社に組織変更すればいいのです。
 それで、上場だって狙えるわけです。

 LLCは、このような株式会社への組織変更ができるのです。
 LLPは、できません。


●まずは、LLCを小さく立ち上げ、順調にいって大きくなりそうで
 あれば、株式会社に変更する。だめであれば、見切りをつける。

 そんな、使い方がLLCではできるのではないでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<セミナーご案内>━
■「会社法・超活用法」セミナー のご案内
   会社法を、自社の経営にどう有益に活用するか!?
──────────────────────────────────

 積極的に会社法を活用して、経営に活かしていくには、どんなこと
 を考えたら良いのか?会社法は、経営のどんな役に立つのか?

 来月のセミナーはその点に踏み込み、具体的なケースなどを想定しながら、
 解説をしていきたいと思います。

 たとえば、次のようなことです。

 ◆取締役会を設けないとどうなるのか?監査役を置かないとどうなるのか?
 ◆会社法の活用で、相続対策を行なうことができる。その内容とは?
 ◆会社の組織再編(合併や分割等)の幅が広がった。これをうまく活用す
  るには?
 ◆書面決議、インターネット等を活用して無駄な時間を省くには?
 ◆電子決算公告を積極的に活用して、会社を発展させていくには?
 ◆会計参与をどのように使うのか?会計参与を置くメリットは?その具体
  例は?
 ◆新たにできた、LLPやLLCはどのように活用すると良いのか?
  新規事業やプロジェクトに使えるのか?
 ※その他、まだまだ、セミナーまでにたくさん調査研究しておきます。

 是非、皆様のご参加をお待ちしております。

               記

 ●日 時: 平成18年6月16日(金)15:30~18:00(質問相談含む)
                   (開場15:00)
 ●場 所: 丸の内線 西新宿駅2分「住友不動産オークタワー1F」
                  ★申込み後、ご案内します。
 ●講 師: 税理士 北岡修一
 ●参加費: 7,000円

 ★お申込みは、今すぐこちらから!
    → http://www.tmcg.co.jp/seminar/topics.cgi

  お問合せは ⇒ info@tmcg.co.jp 担当:秋山


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆新・会社法対応 定款見直し・作成のご相談は、
  今すぐこちらから →  http://www.tm-tax.com/teikan.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★小さい会社のための経理サービス「クイック経理サービス」のご相談は、
  今すぐこちらまで →  info@tmcg.co.jp 担当:秋山
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★メルマガを出されている方、相互紹介しましょう→ kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992
──────────────────────────────────
メルマガの解除はコチラ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
  阪急がいよいよ阪神のTOBをかけるとか...(今朝の日経新聞)
  阪神タイガースはどうなってしまうんでしょうね?
  阪急タイガースでは、ちょっとねぇ...

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です