東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第124号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2006/03/20(第124号)「会社法で、損益計算書も変わる!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2006/03/20(第124号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,636名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 先週、3月決算の株主総会は、現商法か、新会社法でやるのか、について

「4月中の取締役会で、株主総会の開催日時、場所を決議した場合は、
 現商法で・・・」ということを書いたところ、

 その根拠法令はどこに書かれているのか? という質問を何人かの方
 からいただきました。

 これについては、

 「会社法の施行に伴なう関係法律の整備等に関する法律」(通称:整備法)
 第90条に、

 『施行日前に株主総会・・・の招集手続きが開始された場合における
  その株主総会・・・の権限及び手続については、なお従前の例による』

と定めています。

 この「招集の手続」開始について、立法担当者の解説によれば、
 「招集通知の発送ではなく、招集決定に関する取締役会の決議による」
とされています。

 というところから、きていますので、必要ある方は是非、ご確認ください。

 
 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  会社法で、損益計算書も変わる!
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●新会社法施行に伴ない、損益計算書も変わります。

 ただ、大幅に変わるわけではありません。


●まず、1つは、

  損益計算書の最後が、「当期純利益」になる、ということです。

  えっ? 前からそうじゃなかった? と思われるかもしれませんが、
 
  前は、

    税引前当期純利益      xxx
    法人税、住民税及び事業税  xxx
    当期純利益         xxx
    前期繰越利益        xxx
    当期未処分利益       xxx
      ・・・
    中間配当・・・

    
  というように、当期純利益の後にも、少なくとも前期繰越利益、
 当期未処分利益が入っていました。

  これがなくなるわけです。


●では、これらはどうなるかというと、それが先週紹介した
 「株主資本等変動計算書」で、計算することになります。

 「株主資本等変動計算書」は、損益計算書の「当期純利益」を
 受けて、それ以後の計算を表示していくわけです。


 損益計算書の役目は、当期純利益まで計算してくれればいいよ、

 その後は、「株主資本等変動計算書」がやるよ、

 ということですね。


●もう1つ、これはあまり目立たないことですが、

 損益計算書は、まず、経常損益の部、特別損益の部 に分け
 さらに、経常損益の部は、営業損益の部、営業外損益の部に
 分けて表示することになっていました。

 損益計算書を見ると、おそらく上記のような表示がしてある
 はずです。

 今後は、この表示がなくなります。

 あまりしても意味がないってことでしょうね。
 確かにほとんど、これらの表示をしても意味がなかったですね。

 販売費及び一般管理費とか、営業外収益、営業外費用の表示が
 ありますから、それで十分で、上記の区分はほとんど意味が
 ないですね。


●さらに先週書きました、役員賞与の取扱いが変わります。

 今まで、役員賞与は、利益処分項目でした。

 それが、先週書きましたように、利益処分案がなくなります。

 では、役員賞与はどうなるかというと、

 期間費用、すなわち、販売費及び一般管理費に入ることになり
 ます。

 役員報酬と同様の扱いになるわけですね。

 役員報酬に含めてもいいし、役員賞与という勘定科目を別途
 作ってもいいですね。


 ただし、税法上は今までどおり、役員賞与は損金にはなりません。
 損益計算書上は、費用ですが、税金計算上は費用ではない、という
 扱いですね。


●この点、平成18年税制改正で、

  あらかじめ、支給時期と支給金額を決めている役員賞与については、

  損金算入してもいい、という改正も出ています。

  したがって、そういう役員賞与であれば、損益計算書上も費用で、
  税金計算上も損金になる、っていうことですね。

  これについては、届出も必要とのことですので、詳細が明らかに
 なったら、また、お話したいと思います。



ということで、細かいことはまだありますが、概ね損益計算書は、
上記のように変わる、ということです。



━━<北岡セミナーのご案内>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■人事管理システム「人事奉行」活用法のセミナーやります。(北岡)
──────────────────────────────────

 今まで、高くてなかなか手が出せなかった、人事管理ソフト、
 OBCがとってもリーズナブルな価格で提供してくれました。

 勘定奉行に次ぐ目玉になりそうな「人事奉行」がそれです。
 会社の資源は「ヒト・モノ・カネ」と言われています。私はカネを扱う
 仕事ですが、そもそもカネもヒトがいるからこそ生み出せるもの。

 人への投資こそが会社でも最も重要な投資ではないかと思います。
 そこで、私も「会計」だけでなく、「人事」にも力を入れています。

 「人事奉行」は、そ人を活かすための人事管理ソフトです。詳細な社員
 情報・キャリア管理、人材の配置から人事考課、さらに給与奉行と連動
 して、昇給や賞与のシミュレーション、実際の給与計算までできてしま
 うソフトです。

 そんな人事管理ソフトの活用法を、私とOBCインストラクターと私
 北岡のコンビでセミナーをすることになりました。

 OBCのセミナールームで、是非、お会いしましょう!
 詳細および申込みは、下記OBCサイトから。

 ●日 時: 平成18年3月23日(木)14:00~16:30
 ●場 所: OBCセミナールーム(丸の内線:西新宿駅徒歩2分)
 ●講 師: 税理士 北岡修一 OBCインストラクター
 ●参加費: 無料

人事奉行の基本的な機能・使い方を、実際に使う側の立場から解説。
また人事考課、賃金改定オプションの具体的な活用方法を解説。

 ★お申込みは、こちらまで⇒  info@tmcg.co.jp 担当:秋山
  「人事奉行セミナー参加」とお書きください。
   ・氏 名 :
   ・会社名 :
   ・役 職 :
   ・住 所 :〒
   ・TEL :
   ・FAX :
   ・Eメール:

   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆よろしかったら、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。
──────────────────────────────────
   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆メルマガを出されている方、相互紹介しましょう→ kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992
──────────────────────────────────
メルマガの解除はコチラ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 今、現在トルコに行ってます。

 今日は、そちらから配信!!
 スケジュールに追われ、時間がないので、またトルコの報告は、
 帰国してから...

 では、また。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です