東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第120号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2006/02/20(第120号)「金は時なり」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2006/02/20(第120号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,636名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 いつの間にか、このメルマガが「殿堂入り」していました。
 読者数3,000名以上、創刊2年以上ということで、条件にはあってた
 のですが、なぜか入らなかったのが、ホントいつの間にか、という
 感じです。

 これだけ続けてこられたのも、いろいろ励ましのメールなどを
 いただいた皆様のお陰だと正直思います。

 ありがとうございます。
 今後も、ご購読よろしくお願いします。 
 
 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  金は時なり
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●今週も、ある中小企業の社長から教わったことを、自分流にアレンジして
 紹介します。

 私たちの仕事は、お金をもらいながら、経営の勉強をさせてもらっている
 ようなもので、本当にありがたい仕事だと思います。

 この活きた知恵を自分の会社にも活用していかないとね...


●どんなことかと言うと、冒頭に書いた「金は時なり」

 勘のいい方はもうすぐにわかってしまうでしょう。


 一般的には「時は金なり」です。
 これは、すぐに理解できますよね。

 ビジネスの第1線で活躍する人たちには、とっても重要な戒めです。


●でも、経営者にとっては、「金は時なり」の方が大事だと思います。

 今あるお金、今はないけれど、調達可能なお金を使って、何に投資するか、
 ということです。


 たとえば、これを教わったのは、ビルメン&不動産業の社長ですが、

 今あるお金と銀行借入を使って、オフィスビルを購入する。
 → 賃貸料がどの位入って、減価償却がいくら取れるか、
   それを原資に借入れを返済していき、お金も残していく。

 → ビルメン業務を自社で行ない、外部へのキャッシュアウトを少なくして、
   お金を貯めていく。

 → これらの資金で次のビル購入に投資していく。もちろん借入れも 
   くっつけて。(拡大再生産)


●もし、お金を貯めてからビルを買おうとすると、どんでもない時間が
 かかるのです。

 レバレッジ(テコの原理)として、借入れを活用しながら、短い時間で
 ビジネスを大きくしていく。

 まさに、お金で時間を買うわけです。

 これが、金は時なり、ということです。


●経営者は、お金をいかに使うか、投資するか、会社の資源(信用なども
 含めて)をフルに活用して、ビジネスを拡大再生産していくことが
 大事です。

 「お金の使い方」が経営者の大事な仕事です。


●株主から(自分かも知れませんが)預かったお金を、最大限に活かす
 ことです。

 これは、何も不動産購入に限ったことではありません。

 M&Aなどは、典型的ですよね。お金でその事業を構築するまでの時間を
 買います。

 広告宣伝もそうです。その商品が良いものであることを、広告費を使って
 短時間で世の中に広めていく。
 営業マンが個別に営業したり、口コミが広がるのを待つ時間を買うわけです。

 採用もそうですね。
 経験者の中途採用であれば、育てる時間を買う...


●すべてが「金は時なり」で説明はできませんが、

  要は、お金と時間、投資とその効果、を最大限に高めていく。

  経営者は何に投資をしたらよいか、常に考えていくことが大事ですね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナーのお知らせ】
  ★今週やります。よろしかったら来てください!(北岡)

──────────────────────────────────
■「就業規則見直し」講座
──────────────────────────────────
 この4月から、高齢者雇用法が改正され、65歳までの雇用延長が義務化
されます。
 今年4月は、まずは62歳までの雇用確保が義務付けられ、段階的に定年
年齢が引き上げられ、平成25年には65歳定年になります。

 ご存知でしたか?

 そこで、各企業では次のいずれかの対応をしなければなりません。

 1.定年の延長
 2.継続雇用制度(勤務延長制度・再雇用制度)の導入
 3.定年の定めの廃止


 いずれも大変ですね。その他にも、平成16年には労基法の改正で、
 解雇や裁量労働の規定が変更されています。

 平成17年には、育児介護休業法が改正されています。
 また、個人情報保護への対応なども考えておく必要があります。

 これだけの改正を、皆様方の会社では就業規則に盛り込んでいるでしょうか?


 そこで、リクルート出身の元気な社会保険労務士 猶木先生をお迎えして、
 これらの改正を踏まえた、就業規則の見直し講座を開催します。

 是非、御社も、就業規則をきちんと見直してみませんか?


★当日は、私、北岡も行っています。冒頭、挨拶程度はさせていただき
 ます。是非、お会いしましょう!!


★セミナーの詳細申込みは、こちらから
  ⇒ http://www.tmcg.co.jp/seminar/topics.cgi
  ⇒問合せ info@tmcg.co.jp 秋山(TEL:03-3345-8991)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆北岡書籍 ”ココまでできる『儲かる会計』”好評発売中!!
──────────────────────────────────
 このメルマガが、本になりました!
 もちろん、このメルマガそのままではありません。大幅に書き足し、
 図も付け、わかりやすく「社長の財務」を解説しています。

 メルマガとともに、是非1冊お手元に置いてください。
 → http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4820716662/
     qid=1136275913/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-7589070-8791521

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆よろしかったら、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。
──────────────────────────────────
   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆メルマガを出されている方、相互紹介しましょう→ kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992
──────────────────────────────────
メルマガの解除はコチラ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 現在、確定申告真っ只中。
 まあ、私は皆がやってくれるのをチェックすればいい、ありがたい
 立場なのですが、1つだけいつも後々になってしまうのが、自分の
 申告。

 ほとんど自分の申告は最後まで忘れている状態ですね。
 やってもお金にもなりませんし(報酬もらえない...当たり前! 笑)、

 大体申告すると、納税になってしまうので、気が進まないんですね。
  
 人には「きちんと税金払いなさい。」と言っているのに、自分のことに
 なるとこんなもんですかね...(でも、ちゃんと払いますよ。)

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です