東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第116号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2006/01/23(第116号)「留保金課税って何?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2006/01/23(第116号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,400名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 「経営計画」のセミナー申し込んでいただいた方、
 ありがとうございます。

 今週26日ですね。お会いできるのが、楽しみです。
 一生懸命やらさせていただきますので、よろしくお願いします。

 興味のある方は、先週のメルマガ見てください。
 まだ、余裕あります。
 → http://www.mag2.com/m/0000119970.html

 
 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  留保金課税って何?
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●法人に対する税制改正で、もう1つ大きいのは、留保金課税の改正です。

 利益を出し、ある一定額以上、内部留保をすると、それに対して税金が
 かかるのが、留保金課税です。

 通常の法人税を払って、内部留保しているのに、また、それに対して 
 税金かけるの?

 という、ちょっとなかなか理解しにくい税制です。


 上場企業などは、利益を出せば配当する、でも同族会社は、
 経営者=株主 だから、配当をしないで内部留保する。

 それでは、企業の競争上、不公平だろう(?)、
 あるいは、配当を恣意的に取らないことにより、税金の調整ができる、
 ことを防ぐために、

  過度の内部留保には税金をかける、ということです。



●う~ん...わかったような、わからないような税金ですね。

 課税されるのは、同族会社に限られていますが、利益を出す会社に
 とっては、結構、負担の重い税金です。

 税理士会でも、留保金課税の廃止は、以前より要望しているところです。


●この留保金課税について、負担をやわらげるために、

 1.設立10年以内の会社には、かけない。
 2.自己資本比率50%未満の会社には、かけない。

 という規定が、数年前からできていました。

 この規定が、平成18年度税制改正で、廃止されることになりました。

 すなわち、また、以前に逆戻りで、同族会社であれば、一定額以上を
 内部留保すると、この留保金課税がかかる、ということになります。


 是非、なくすべき税金なのに...残念です。


●ただし、その条件は少し緩やかになっています。

 まず、対象となる同族会社の定義なのですが、

  以前は、3親族グループの合計持株割合が、50%超の会社でした。
  すなわち、社長とその親族グループ、専務とその親族グループ、
  もう1名の株主とその親族グループというように、

   持株割合上位3グループの合計が、50%超の場合に留保金課税の
  対象になりました。

  これが、今度は、1グループだけで50%超の場合に限られてきます。

  多少は、対象会社が減るかも知れません。


●さらに、一定額以上留保した場合、の「一定額」が変わります。

 その「一定額」には、いくつかの基準があるのですが、その数値が引き上
 がりました。

 「一定額」の数値が上がることにより、対象会社が少なくなり、
 また、課税される場合でも、課税額が少なくなります。

 
 上回ると課税される「一定額」とは?

 1.定額基準
    以前 1,500万円 → 2,000万円

 2.所得基準
    以前 所得金額の35% → 中小企業 50% 
                  それ以外 40%

 3.自己資本基準(新設)
    中小企業の場合、自己資本比率が30%に満たない場合、
    その満たない金額


 法人税・住民税を引いた後の、内部留保の額が、

 上記3つの中で、最も大きい額を超えた場合に、その超えた部分に
 留保金課税がかかるのです。



●簡単な例で見てみると(中小企業の場合)、

  ・当期所得      5,000万円
  ・法人税・住民税   1,800万円

  ・税引後内部留保   3,000万円
  ・自己資本比率      40%


  <留保金がかかる基準-「一定額」は?>
    
    1.定額基準    2,000万円
    2.所得基準
      5,000万円x50% =2,500万円

    3.自己資本基準   該当なし

    *最も多い額 → 2,500万円


 その結果、税引後内部留保 3,000万円が、「一定額」2,500万円を

 上回る 500万円について、留保金課税がかかります。


●今回は、ちょっと難しくなってしまいましたが、お分かりでしょうか?

 まあ、こんな税金と、わかってもらえればいいと思います。


 それにしても、先週の役員給与といい、この留保金課税といい、

 オーナー型経営者には、税金は非常に厳しいですね...


 税金を払って、内部留保を貯めていくことが、会社を強くする秘訣、
 と思っているのですが、

 それをすると、また税金をかける、というのは、本当に理不尽です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━イベント紹介━━
■驚愕!タブーを破った「超・住宅フェア」第2弾!
  <入場無料>
──────────────────────────────────
《ハウスメーカーVS工務店VS建築家VSリフォーム店》

 ライバルたちが一堂に会した!信じられないような住宅フェアが
 松下電工ショールームで行なわれます!

 当日予定来場者、何と3,000人!
 家づくり、リフォーム、引越し、を考えている方、こんなチャンスは
 ありません。何しろ、すべての「家づくり」に関する専門家・業者が
 揃っているのですから。

★見所は、

■1■ 家族みんなが楽しめる体験型スペシャルイベント~子供と一緒に工作教室~

体験できるのが他とは違うこの住宅フェアのいいところ!日ごろ見られない触れる
ことができない珪藻土塗り実演、防犯ガラス割り実演、名人大工によるカンナかけ
と継ぎ手と仕口のつくりかた実演など来場者参加型実演会も多数。

■2■ 『行列ができる相談事務所軍団登場!?』(事前予約制:先着10名様)

こんな機会は二度とない!!経験豊富なFP・税理士・弁護士により年金問題
家計、生命保険の見直し、相続・贈与問題・借地借家問題などのあらゆる相談
に無料で応えてくれる特別イベントも同時開催!

●何と、この軍団に、私(北岡)も加わってます。
 是非、当日お会いしましょう!
 セミナーもやります。(相続&贈与&不動産譲渡)

⇒ 詳細はこちらから → http://www.hng.ne.jp/fare2_mag.html
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆北岡書籍 ”ココまでできる『儲かる会計』”好評発売中!!
──────────────────────────────────

 このメルマガが、本になりました!
 もちろん、このメルマガそのままではありません。大幅に書き足し、
 図も付け、わかりやすく「社長の財務」を解説しています。

 メルマガとともに、是非1冊お手元に置いてください。
 → http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4820716662/
     qid=1136275913/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-7589070-8791521

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆よろしかったら、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。
──────────────────────────────────
   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆メルマガを出されている方、相互紹介しましょう→ kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992
──────────────────────────────────
メルマガの解除はコチラ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 ついに東京にも雪が降りましたね。
 でも、土日で良かったです。

 雪が降ると本当東京は弱いですから。

 でも、雪が降ったらその後が大変ですね。道がぬかるむし、滑りやすいし、
 皆さん気をつけてくださいね。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です