東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第112号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2005/12/26(第112号)「企業人と個人を使い分ける」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2005/12/26(第112号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】
■□     財務アプローチで儲かる会社を作る
■□     http://www.tm-tax.com/mm-k.htm  購読者数 5,360名
■■     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。


★メルマガ「実践!社長の財務」が本になった!(税理士:北岡修一)

■『ココまでできる 儲かる会計』 本日12/26全国一斉発売!!
──────────────────────────────────
 本日より、全国の書店に並びます。(出版社の話)
 先週は、下記のようにアマゾンでキャンペーンをやったのですが、
 何と、アマゾンで在庫切れになってしまいました...

 申し込もうとしていただいた方、大変申し訳ありませんでした。
 今なら、大丈夫ですので、再度、よろしくお願いします。

 また、アマゾンで本は予約できるのですが、本の画像や内容がまだ載ってお
 らず、初めての本でもあり、勝手がわからず...スタートダッシュつまず
 き気味です。

 でも、まあこれからですから、できることをやっていこうと思ってます。
 皆様の、ご支援、ご協力よろしくお願いします!

 ★ただいまキャンペーン中 → http://www.tm-tax.com/book.htm

──────────────────────────────────

 キャンペーンの内容は、アマゾンでご購入いただいて、メールを所定の
 アドレスにいただければ、年明けに「儲けてお金を残す」財務&節税セミ
 ナーの特別テキスト(テキストに大幅に解説を書き込んだもの)をお送り
 するというものです。

 ★当社キャンペーンサイト → http://www.tm-tax.com/book.htm

 キャンペーンは、本日から12/25まででしたが、年末まで延ばします。
 ですので、是非、よろしくお願いします!

 また、良かったらアマゾンでいい評価?を書いてくださいね。

 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  企業人と個人を使い分ける
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本日も『ココまでできる 儲かる会計』で、没になった原稿をお送りします。
初期の頃に、このメルマガで書いたものを、加筆修正したものです。
ちょっと、長いですが、お付き合いください。

先週、編集後記に書いた税制改正は、来年1月以降、やります。
すみません!



●中小企業の社長にとって、会社のお金は自分のお金のようであって、
 決して自分のお金ではない。

 これをはっきりさせないと、会社の成長はない、というのが、私が20数
 年間税理士をやってきた確信です。


 会社のお金と自分のお金が一緒になってしまう、いわゆるドンブリ勘定は、
 生業の域です。

 家族経営で生業でいいというのであれば、それでも良いでしょう。


 でも、ひとたび、社員を入れて、ある程度の会社にしていこう、と考えた
 のならば、会社のお金と個人のお金はバッチリ区分しなければいけません。

 この区分ができていない会社で、大きくなった会社は、

 私の経験上、1社もありません。



●こんな例があります。神奈川の建設業でした。なかなか技術のある左官業で、
 職人を10数人抱えています。営業も事務員もいます。

 ゼネコンの下で技術力が評価されて、仕事には事欠きません。
 順風満帆でした。


 でも、私たちが関与して帳簿を見てみると、全然、現金が合わない。
 通帳からお金が引き出されてはいるが、使途のわからないお金がたくさん
 あります。

 通帳は常に社長が持ち歩いているそうです。
 会社への小口現金も社長がおろしてきてくれる。

 外回りのついでに、とか言いながら。

 どうやら余分に引き出したお金は、交際費という飲み代であったり、
 袖の下であったり、あとは良くわかりません。



●つまづきは、税務調査です。

 当然、使途不明金として追求されます。

 わからければ、社長の賞与と認定(会社の経費にもならず、個人にも課税
 されるWパンチ)されるか、

 使途不明金として倍の税金が追徴されます。


 その会社、莫大な修正申告で資金繰りが悪くなり、それが伝播したのか、
 ゼネコンからの仕事も減り、その後は私も離れて良く知りませんが、

 どうも雲散霧消してしまった...ようです。



●社長は、一旦会社に入れば、企業人です。個人ではありません。

 まずは、それを自覚する必要があります。

 株主からこの会社の経営を任されている。
 実績をあげなければいけないわけです。


 たとえ、その株主が自分であってもです。
 株主は個人としての自分であって、社長は企業人としての自分です。

 人格が違うのです。こう考えると、シャキっとしませんか。



●企業人としての社長は、経理は自分でやらないことです。

 現金の扱いも自分ではやらないことです。

 現金を動かすことを、すべて自分一人でできるようにしておかない
 ことです。


 社長といえども、現金をもらう時は申請書を出す。
 経費の精算は精算書を書く。

 こういうことを、きちんとやるべきです。


 会社のお金は、自分の好きなようにできる、という考えを、
 捨てるべきでしょう。



●もちろん、会社の投資や事業に使う、という話は別です。
 あくまで社員に言えないような、お金の使い方についてです。

 会社の事業であれば、堂々と使えばいいわけです。


 あえて、これだけ言っているのは、そういうことをする社長が非常に多い
 からです。



●次のようなことに身覚えがある社長はいませんか?

 ・役員報酬は決まっているが、毎月きちんと取らず、
  お金がある時に会社から随時取っている。

 ・会社からの借入金がある。(会社は貸付金)

 ・社長に対する仮払金が多い。

 ・経費精算はほとんどしていない、交通費などは自腹である。
  その代わり、交際費などで多目に精算しているからよい。

 ・会社の通帳から引き落とされているものの中に、個人的な経費がある。

 ・社長が会社の通帳を持ち歩き、自由に引き出しをしている。

 ・経費精算や会社の資産に、社長個人のものがよくある。 
 


●最終的に責任持つのは俺なんだから、俺の好き勝手にやってもいいだろう、
 と思っている社長が非常に多いです。

 気持ちはわかります。でも、それであれば個人ですね。

 わざわざ会社作って、社員入れて、いっぱしの目標を持って
 やるんだったら、

 個人ではなく会社=公の組織を目指さなければいけません。


 そうでないと、会社だと思って入ってくる社員を騙すことになってしまい
 ます。


 そうでない場合は、あらかじめ言っておくべきです。

   「この会社は、俺の個人会社だ。それでもよいか?」と。



●会社のお金は社長のものではない、ということですが、
 反面、会社の借金は、実は社長のものです。

 会社のお金は会社のものなのに、借金だけ社長のもの、

 なんて納得いかないよ、と思われるかも知れません。

 でも、よく考えてみてください。

 会社の借金は、当然、会社が返済していきますが、
 払えなくなったらどうなりますか? 

 当然、社長が何とかしないといけないですよね。


 もし払えなくなって、会社がつぶれてしまえば、その借金はどうなり
 ますか?

 当然、社長に返せ!と言ってきますよね。

 社長の個人財産を全部はたいて、返さないと許してもらえないですよね。



●そうなんです。社長は正式に保証しようがしまいが、会社の借金の保証人
 になっているようなものなんです。

 その保証人というのは、企業人ではなく、個人として保証していることに
 なります。逃げられないんですね。残念ながら...

 社長とは、本当に因果な商売です。



 最後にもう一度言います。


 「会社のお金は、社長のものではないが、会社の借金は、社長のもの!」


 是非、このような心構えでやっていただければ、と思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━メルマガ紹介他━━━━━━
■■■起死回生の社長道!■■■

企業が継続的に成長・発展していく上で最も重要な経営資源。それが事業資金です。
この事業資金をいかに上手に調達するかがその企業の成長スピードを決定します。
しかし、民間金融機関からのプロパー融資だけでは、タイミングよく必要資金を調
達することは不可能です。当メルマガでは、「勘定合って銭足らず」とならないよ
う、企業が事業資金を戦略的に調達する手段として、すぐに役立つ補助金・助成金
・公的融資等、「公的資金」に関する情報を幅広くご案内しています。また、最新
の助成金公募情報、注目の公的融資制度情報も同時に配信中!中小企業経営者必見
のメルマガです。
【登録】→ http://www.mag2.com/m/0000092996.html
発行者:「公的支援をわかりやすくする会社」有限会社ノアコンサルティング

★特典★平成17年10月更新 最新版!『厚生労働省分野 助成金一覧表』をプ
レゼント!
メルマガ「起死回生の社長道!」に新しくご登録していただいた方を対象に、一目
で解るPDF版『厚生労働省分野 助成金一覧表』の最新版をプレゼント致します。

【プレゼントの応募方法】
1.無料メルマガ「起死回生の社長道!」に読者登録する。
   → http://www.mag2.com/m/0000092996.html
2.登録後、(有)ノアコンサルティングにメールを送る。
   → guest@noahcon.co.jp  担当:新藤まで
  ※1.件名に「実践!社長の財務から登録」と記入してください。
  ※2.メルマガに登録したものと同一のメールアドレスで応募ください。

 お申込み件数が多い場合、多少お時間をいただく場合があります。予めご了承く
ださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<北岡セミナーDVDのご案内>━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 「儲けてお金を残す」財務&節税セミナー  税理士 北岡 修一
──────────────────────────────────
 12/2に、上記セミナーを行ないました。

 節税セミナー というのは、思ったより集客が悪いのですね...

 節税というのは、儲かればしたいと思うのでしょうが、わざわざセミナー
 を聞きに行くまでもない...聞くまでのものではない...

 ということでしょうか? 

 やはり経営者は、前向きな話題に興味があり、あまり後ろ向きなものには
 興味がないと、そんな風に反省しました。


 ということですが、実は、”すごく前向きなセミナー”だったんですよね!

 「内部留保を作るには、儲けて税金を払わなければいけない。」

 「儲けた上で、税金を払えるようにするには、どうしたらいいか?」

 というような内容で、節税セミナーであるにもかかわらず、「税金を払おう」
 みたいな話でスタートしました。

 しかし、経営者の皆様が集まっているので、それだけでは不満足でしょう。
 後半は、バッチリ節税策も伝授しました。


 わざわざ聞きにいくまでもないが、DVDだったら見てみようか、という方、
 是非、本セミナーのDVDをお申込みください。

 約30ページのテキストをつけて、お送りします。

 ●「儲けてお金を残す」財務&節税セミナー DVD 講演時間約80分
 ●30ページテキスト付き
 ●価格 : 12,600円(税込み・送料込み)

 ★お申込みはこちらまで → info@tmcg.co.jp
  「節税セミナーDVD希望」とお書きいただき、住所・氏名・TEL・
   FAX・会社の場合は会社名などをお知らせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
──────────────────────────────────
◆よろしかったら、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆メルマガを出されている方、相互紹介しましょう→ kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992
──────────────────────────────────
メルマガの解除はコチラ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.htm
このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 今年も残すところあと1週間。皆様は何日までですか?

 当社は、一応明日まで。

 一応と言うのは、その後も出る人がいるので...

 すっきりさせて正月迎えたいですよね!


 本日で、本年最後のメルマガです。

 今年も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 このメルマガは、もう私のライフサイクルになっています。
 このメルマガがあったからこそ、本も出せました。

 来年も是非1冊は出したいと思います。

 このメルマガを続けてさえいれば、いろいろな可能性が広がって
 くるとさえ、思っています。

 メルマガやって一番得する、勉強になるのは、本当に自分だと
 思います。ブログでもそうですね。
 
 来年はブログなども挑戦するかも知れません。

 皆さんも、是非、自分で書くことに何かチャレンジしたらどうでしょう?
 (もう書いている人も多いと思いますが)

 しゃべれる人であれば、書くのがヘタということはあり得ないですね。

 話しているそのままを文字にすればいいだけですから。

 あとは、いかに感情を伝えられるかどうかです。

 来年のチャレンジ決めてみては?


 ということで、ダラダラ長く書きましたが、

 来年も、是非ともよろしくお付き合いください。


 ともに、成長していきましょう!!

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です